ヨルムンガンド 1~4話

ブラック・ラグーンが好きなら観ろ!と言われたアニメ、「ヨルムンガンド」を観はじめた。
最近アニメはサボりっぱなしで全然観てなかったけど、秋から2期が始まるようだから、そろそろ消化していかなきゃ大変なことになっちゃうよね。

---

1話 ガンメタル キャリコロード

武器とそれを扱うもの全般を憎む、少年兵だったヨナが、ココ率いる武器商人グループ「ヨルムンガンド」に入る話。

どっかの政情不安定な国で、政府の右と左の軋轢のせいでビジネスが上手く行かないココが、入隊試験としてヨナを使う。
まぁアニメ全体の雰囲気を紹介する回かな。
あんまり詳しい背景はわからなかった。

戦闘シーンと3D演出はなかなか見応えがありそうだ。
ココのキャラ付けが、いかにも!な感じなのがちょっと気になるけど。
個人的にはブラクラのレヴィのほうが好きかもなぁ。

「君は銃を捨てられるか?」
「無理だね。君は一生武器を捨てられない。そいつに対する憎しみは誰よりも強いが、そいつを持つことの頼もしさを、誰よりも知っているから」
「私に付き従え、ヨナ。私は武器商人。君とそいつの付き合いかたを教えてやる」
  「ココはなぜ武器を売る?」
「世界平和のために」


2話 PULSAR

国境付近に武器を売りに行ったココたちが、紛争に巻きこまれる話。

結局ココたちは一発も撃たずに戦場を脱出した。
どうやら、ヨナにとってそれはとても新鮮なことだったらしいね。

ココはかわいいはかわいいけど、なんだか設定ばかりが鼻について、キャラクターが薄っぺらい気がする。
ナイフ女の決闘のくだりも、似た気配を感じるよ。

ただ、武器、というか兵器については、かなりリアリティがあるように思う。
私はミリオタじゃないから、詳しいことはよくわかんないけどさ。
もっと隊員個々人の武器へのこだわりとかあっても、いいんじゃないのかな?

ただ、ラストの朝日に向かってジャンプするココのカットはとてもよかったよ!

3話 ムジカ・エクス・マキーナ phase.1

サメ歯の師匠とノーパンチナツが、ココを襲いに来る話。

町中でいきなり銃撃戦おっぱじめて、あんな近距離で決着つかないとか、ありえるのかな?
FPSなら絶対になんとかしちゃってるよ!
私のゴミAIMじゃあやしいかもだけど……。

日常シーンはやや興醒め。
「だいたい300」はちょっと面白かったけど、「いっぱい」はどうなんだろう……。

4話 ムジカ・エクス・マキーナ phase.2

師匠とチナツの話、その2。

重機関銃とその避けかたのあたり、どうにもご都合主義な気がしなくもない。
というか、いくらアサルトライフルを撃つのが車上からだったと言えども、あそこまで当たらないもんかね?
いやまぁ私もAK-47を30発ばらまいて一人も殺しきれなかったこととかあるけどさ……。

狙撃でのヘッドショットのくだりはなかなか燃えたね!
その後のチナツの咆吼も!
ただ、チナツの最後は、ブラクラの双子のお話で観たのとすごく似ている気がするよ? 気のせいかな。
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
ヨルムンガンド

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/524-5bd18e7a