少女革命ウテナ 22~24話

22話 根室記念館
御影草時の過去回想。

噂の根室教授とやらは、御影草時その人だったらしい。
御影は千唾馬宮を見て、永遠を手に入れる決意をした。
そのきっかけは、鳳暁生と抱き合う千唾時子を見たから。

御影の心境変化はどんなものなんだろうか。
馬宮のためと言いながら暁生と愛し合う時子が、馬宮に対する裏切りに見えたのかな。
だから自分がやってやらなきゃいけないと思った、とか?

しかしその馬宮は既に死んでいるらしい。
そして、鳳暁生と御影草時は年を取らない。ふぅむ。
根室記念館が燃えたのは一体何年前なんだ?

23話 デュエリストの条件
ウテナを味方に引き込もうとして失敗した御影草時が、ウテナと戦う話。

御影はウテナに時子を見ていた。
やっぱり時子を愛していたんだなぁ。
つまり、時子と愛し合っていた時間を永遠のものにしたくなったわけか。

「彼女たちは皆忘れられない想い出を持っていました。彼女らはそれを守るために戦いに赴いたのです。言うなれば、想い出によって人生を変えようとした人々。君はどうですか? 君ならば、きっと僕みたいに想い出を永遠のものにできる。世界はそれをそれを必要としています」
「美しい想い出を持つ者だけが願うことを許されるんだ。あの頃が永遠に続いたなら、今もあの頃のままでいられたならば、と」
「僕にはわかる、君は僕と同じだ。想い出を永遠のものにしたいと願ってやまない。そんな人の目と同じだ」
「君も昔大切な人に出会ったんだ。そして、その人に自分の人生を変えられてしまったんだ!」


けれど、現実が想い出に勝てるはずがない。
想い出は時を経るごとに美しくなっていくものなんだから。
そして御影はウテナに敗れ、イリュージョンはすべて解けてしまう。

おそらく御影は馬宮ごと建物に火を放って殺してしまったんだろう。
美しかった頃の馬宮の想い出と一緒に。
鳳暁生がかなりの黒幕っぽいのだけれど、何がしたいのか、何を言っているのかさっぱり理解できなかった。
永遠ってなんだろう。難しいなぁ。

24話 七実様秘密日記
ストーカーな石蕗の手帳から、七実の様々な悪事がウテナとアンシーに暴露される話。

これは総集編……なのか?
新しいカットも色々あったけれど、七実の軌跡を振り返るのがメイン。

ていうか、石蕗はガチストーカーだったんだなぁ。
まさかインドにまで着いていってたなんて!
しかし牛の話は滑ってると思うんだよ?
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
少女革命ウテナ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/513-bb3c5fa0