1/2 summer アフター+まとめ

ワンサイド・サマー、ラストはトゥルーというか、アフターなシナリオをやって全クリ。
4ルートすべてのエンディングを見ると、クロハの昔話の後に勝手に始まります。

内容は、世界の設定について。
いささか虚を突かれる内容ではあった。
叶ルートくらいの衝撃はあったな。

ただ、世界の設定を教えてもらって、「へーなるほど」以上に発展しなかったのが残念。
それを知ったから新しくなにかイベントが起きたりすれば良かったのに。
起きないならハーレムエンド確定なんだから、さっさとハーレム作ってシーンでも入れちゃえば良かったんだ。
CGもなしであのグダり具合は、このゲームの悪いところを象徴しているように思うよ。

……で、だれともエッチせずに終わっちゃったんですけども?
クロハは? 一葉は? 岳は? なんでシーンないの? なんで? どうして?

以下まとめ。

--- シナリオ ---

冗長。そして根幹の設定以外、予想のつく展開が多かった。
その根幹は立派なのだけれど、辻褄合わせ以上の働きがあったのか疑問。

個別シナリオ自体にもっとその世界観の設定を落とし込み、全体にひとつのテーマを持たせて統一感を出した方が、プレイしていて先が気になる作品にできたように思う。
言われてみれば……みたいなのは多いけれど、それが読後感を良くする方向に働いていないのだよね。

そしてその個別シナリオは、萌えゲーとしてもやや疑問符を付けたくなる。
なんというか、プレイしている最中にどこを目指して着地しようとしているのかまったく読めない。
澄空ルートでそれは顕著だったように思う。
「お金持ちな実家からの精神的自立」がテーマなシナリオなのに、実家の話題はほとんど出て来ず、猫の話題に終始する。なんだかなぁ。
ただただ女の子といちゃいちゃしたいだけならアリなのかもしれない。

そして、一葉とクロハのルートがないのが意味不明。
一葉とか、エッチしないならなんで出てきたの? ねぇなんで?

シナリオ別評価
叶 > つぐみ = 澄空 > 汐

叶ルートだけは、世界観設定と個人設定がうまくリンクしたシナリオになっていたと思う。
とは言え、やはりプレイしていてダレるのには違いないけど。

汐ルートは、主人公がモブキャラ並の度量しかない。なにこれ。
メインヒロインな汐のキャラクターをまったく生かせていませんでした。

--- キャラクター ---

オススメ攻略順
(つぐみ or 澄空) → 叶 → 汐 → アフター

叶のキャラクターは秀逸。
声とも合っていて、とても輝いていたと思います。
ただ、裏に背負っているものが重すぎて、それを知っていると見ていて心が痛くなる……。

澄空のデレっぷりもなかなか良かったなぁ。
クーからデレへの移行にもう少し説得力があればもっと良かったんだけどね。

主人公にまったく魅力がないのは痛い。

--- 絵 ---

全体的なグラフィックのクオリティは高いんじゃないかな。
キレイ系な萌え絵で、最近こういう絵柄は多い気はするけど、それでも上手いと思う。

けれど、チビキャラCGのクオリティはびみょーかも。
SD画って描くの難しいのかな? 普通のCGよりは手がかからなさそうな気がするから、もう少し力を入れてほしかったなぁってのが一般人の意見です。

--- その他 ---

声優
叶役、桐谷華の演技が秀逸。
一気にこの人のファンになってしまったかもしれない。
この演技はギャグキャラにぴったりだよ!

澄空役、杏子御津のロリ声も良かった。
それ以外は普通。

音楽
オープニング曲とエンディング曲は、割と私の好みかもしれない。
オープニングムービー自体は平凡なスライドショー。
BGMも特筆すべき点はなし。

Hシーン
概ね1シーン1CGで、各キャラ6回前後イベント発生。
内容そのものは比較的ライトだけれど、付き合う前からエッチしまくってるのが印象的。
セフレの作り方ってこうやってやるのかもしれないよね。

システム
可もなく不可もなく。

--- 評価 ---

中級者になりたい初心者向けエロゲー。
制作側としては、女の子とラブイチャするだけじゃ満足できなくなった人に「あぁなるほど! そういうことか!」って言わせたかったんだと思う。
実際は「ふぅん、そうなんだ」で終わってしまったのだけれど。

どうにもテーマがブレてしまっているように思える。一貫性が足りないっていうのかな。
第一、日本の神様と天使が一緒にいる世界って、そんなのアリなの?
そもそも夏である必要なかったしね。

設定自体は興味深かった。
けれど、それを掘り下げてシナリオに反映させようとする努力が足りない。
クロハについてとか、結局全然わからずに消えてしまったしね。

あと、一葉はともかくクロハにまでシーンがないとか、なにもわかってない。
もっと前評判をきちんと調べてから手に取るゲームを選ぼうと思います。
★1評価です。
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
1/2 summer

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/506-84a56246