1/2 summer 叶ルート

気楽にできるゲームないかなー? そうだ、アルコット作品とかいいんじゃない? おぉ、ちょうど良く6月末に新作が出てるじゃないか!
というくだりを経て手に取った、Alcotハニカムの新作「1/2 summer」。
読み方は「ワンサイド・サマー」らしいね!

Alcotハニカムと言えば「リアル妹のいる大泉くんのばあい」に代表される、低価格でボリューム少なめな、良質なギャルゲーを作るブランドだというイメージ。
ワンサイド・サマーは、ヒロイン4人+トゥルーというフルプライス作の模様。
これから夏が始まろうという時期にちょうど良さそうです。

主人公は、夏休みに祖母の実家でもある旅館に手伝いに来て、そこに棲みつく座敷わらしのクロハを軸に、ヒロインたちと仲良くなっていく。
まずはハイテンション・ハイゲインな肉食系女子、詩代叶(うたしろ・かなみ)ちゃんから。
叶役の声優は、桐谷華。
「穢翼のユースティア」のラヴィリア、同じAlcotハニカムの「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の野々宮藍の声を当てていた人だ。

……というかさ、まさかと思うんだけど、ひょっとして実妹の一葉は攻略できないの?
なんで一葉に関する選択肢がまったく出てこないの?
ねぇ本気? なんでお兄ちゃんラブな妹が非攻略キャラなの? 大丈夫? 大丈夫じゃないよね?

---

叶ルートは、異常なまでに肉薄してくる叶に主人公は惹かれていくけれど、そのハイテンションの裏に隠されたモノを感じ取り、身体の関係に流されずに心を繋げていく話。

女体は気になるけれど本当に好きかどうかよくわからない。
一度でも抱いてしまえば叶が消えてしまいそうな気がして、その一歩が踏み出せない。
しかし無理矢理押し倒されてエッチしてしまう。
その後明かされる、叶の秘密。

正直、手コキ・素股までされておいて「本当に好きかわからない……」とか言ってなかなかセックスしようとしない主人公には、だいぶ焦れた。
いいからさっさとヤレよ! ヤッてから考えろよ! と思った。
そしてヤルことヤッても、セックスそのものが叶に対する印象を変えることはなかったようだった。はぁ。

しかし叶の告白はちょっと予想外だった。
思わず3秒くらい固まってしまったよ!
この設定はとても素敵だと思う。

その後のお見送りシーンまではやっぱりダレたけれど、叶のバカップルぶりが可愛かったから許す。
というか、声優の桐谷華の演技がとても良い。
ポコ・ア・ポコ!の残念系義妹な藍ちゃんの声も好きだったけれど、輪を掛けて素晴らしいよ。
こういう女の子が周りにいたら、とても楽しいだろうなぁと思います。

---

世界観的な設定としては、ここは誰かの願いが叶う世界なんだろうと思う。
クロハは「神の意志が明確になれば、世界は変わる」と言っていた。
叶の運命を変えたがっていたのは主人公の枢だ。
じゃあ主人公が神なのかというと、それも違う気がする。
冒頭のクロハのおまじないで、主人公は土地に受け入れられた、みたいなシーンもあったし。
幼少期、この町に住んでいた頃にしたなにかが土地神に気に入られた、とかそんな話じゃないかなぁ?
しかし当の龍神様は、今はお留守のようで。ふぅむ。

一番ラストの叶のシーンは、なかなかキュンキュンしてしまった。
しかし主人公以外の視点からは世界がどう見えているのか、きちんと語られなかった。
叶は、付き合っていたことや結婚式を挙げたことは現実だと認識しているようではある。
設定だけがズレてしまい、夢オチとして処理されてしまっていたってことで良いのかな。
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
1/2 summer

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/502-169c14fe