彼女たちの流儀 朱音ルート

かのぎもとうとう終盤、朱音ルート終了。
そろそろ絵柄にも慣れてきたね!

朱音ルートは抜きルートなのかもしれない。
ずいぶんいっぱいエッチしまくった気がする。
てゆか吸血鬼とエッチするとあんなにすごいのか…吸血鬼の知り合いがいないのが残念でならない…。

さて、シナリオはそろそろ核心をかすめるようになってきた気がする。
鳥羽莉と朱音どっちとくっつくか、劇の脚本に込められた想い、5年前の転化、このあたりか。

朱音も可愛いけどね、どうもくっつきかたが歪というか、上手に描けていなかったと思う。
恋愛も女の子もよくわからないけれど、5年も片想いしてた相手を姉に取られて、あれだけで済むものなのだろうか。
もっとどろどろしそうな気がするんだけどなあ。
というか、そういう展開を期待していたんだけどなあ。

とにかく、鳥羽莉に対する期待はますます膨らんでゆくのでありました。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
彼女たちの流儀

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/50-63e5f577