彼女たちの流儀 涼月ルート

涼月ルート終了。
ひとつひとつが短いから、さくさくできちゃう。

期待の秋名涼月ちゃんですが、とても良いと思います!
胡太朗も言っていたけど、危険で儚い美しさを感じる。
諦観と希望、気持ち悪いと気持ちいい、汚いと綺麗、全て持ってる。
気を抜けば消えてしまいそうで、目を凝らしてないと見えないもの。
そういうのに憧れる。

嫌いって言いながら抱かせてくれるとか、臭いって言いながら嗅いでくれるとか、良いね。
涼月は爛れたって表現してたけど、背徳感という点では一緒かも。

どうして涼月は永遠を望んでいたのかはよくわからなかった。
性に目覚めて変わってゆく自分が嫌だったのか、悪戯をされて変えられた自分が嫌だったのか。
そのあたりをもう少し掘り下げてほしかった。

---

気持ち悪いと気持ちいいのくだりは、ベースボールベアーを思い起こした。
なんだかそんなことをよく歌っていた気がする。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
彼女たちの流儀

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/49-1e135ce4