恋愛0キロメートル 美咲ルート

恋ゼロ、4キャラ目は三女の控えめ巨乳妹、木ノ本美咲ちゃん。
声優は五行なずな。「死神の接吻は別離の味」の雨宮雫、「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の悠木夏海、「ヨスガノソラ」の渚一葉のひと。
可も不可もなく、と言った感じの無難な声優だね。

共通ルートでは、双子の姉の咲耶とのんびりと(本人は至って本気のようだけど)主人公を取り合う。
他の姉妹たちを気遣う優しい面がよく見られるね。
毎朝朝食と弁当を作ったり、咲耶が料理できるように手助けしたり。

それが、個別ルートに入ると途端に積極的になってくる。
お風呂入ろうと思ったら裸見ちゃった!なラッキースケベも「別に嫌じゃないです……」とか言い出すし、主人公が喫茶店でバイトしてDQNにボコされたときも美咲からキスしてくるし。
さすがのヘタレ主人公も、そこまでされたら美咲の想いに気付く。
そして普段自己主張しない美咲が自分からそんなことするなんて……と考え、主人公から告白する。
晴れてバカップルの典型になったふたりはちょっと面白かった。
付き合うこと隠しておくと決めた翌日の美咲の暴走とかね。

美咲も元から大人しい女の子だったわけではなかった。
幼少期は今の咲耶のポジションに美咲がいて、主人公に一番近い女の子だった。
しかし入院をきっかけに咲耶が主人公の一番近くに来てしまい、それが美咲にとっては氷室屋いわく「性格が変わるほどショックだった」らしい。
どうして入院することになったのかは不明。
重たい話かと思いきや、結構さっくり流してきた。
咲耶の想いの告白はちょっと切なかったね。

共通ルート冒頭で咲耶に対して宣戦布告していた風な美咲だったけれど、全然バトルにならなかった。
美咲と主人公で繁華街に買い物に行き、咲耶に尾行されたときの修羅場はもっとドロドロしてくるのかと思ったんだけどな。
まぁ話の出来不出来はともかく、昔の活発な美咲が顔を出してくるあたりはなかなか萌えました。
その性格の変化を楽しむ前にシナリオは終わってしまったのだけれど。
足コキしながらのアヘ顔のくだりはかなりウケた。このセンスは見習いたい。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
恋愛0キロメートル

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/479-086d88ec