ローゼンメイデン Rozen Maiden 6~9話

6話 涙 (Tränen)
真紅と水銀燈のバトル回。
雛苺を人質に取った水銀燈が、彼女の世界で真紅たちにアリスゲームを挑む。
ジュンはその力で水銀燈を退け、雛苺を救出して壊れたピエロの人形を直す。
けれど、真紅が倒れてしまう引き。

お化けにビビる翠星石がまじ可愛い。やばい。
しかしふと思ったんだけど、翠星石が登場した理由ってまだ語られていないよね。
蒼星石の回でわかるんだっけか。

しかしそれよりやっぱり真紅が一番だ。
凛々しい真紅はカッコ良いし、しかも面倒見の良い優しいお姉さんキャラ。
もし一体だけドールを選べるのなら、間違いなく真紅を選ぶよ私は!

――なんだよ、何か言いたいのか。
「何か言ってほしいのかしら」
――……ふん。
「素直じゃないわね。何か言いたいのはあなたのほう。でもどう言えばいいのかわからない。それは、あなたが迷っているから」
「あなたは迷子なのね。心があるべき場所を求めて彷徨っている。可哀想なジュン。あなたの心はどこへ向かっているの?」

 
7話 夢 (Träume)
水銀燈のバトル後目を覚まさなくなった真紅を起こすべくジュンが奮闘する話。
ネジをまいても起きない真紅を起こす方法を調べるべく、早朝の中学校の図書館へと潜入する。
結局、水銀燈に何か細工をされていたせいだったみたいだね。

巴が可愛い。ていうか最初から巴に頼れば……って、ヒキコモリだとそれも難しいか。
のりもそうだけど、あんなに構われてたら引きこもろうにもものすごく居心地が悪いと思うんだけどな。
雛苺も眠りについてしまって寂しそうな翠星石には萌える。
でも、起きた後のツンデレ真紅には敵わないかも!

8話 蒼星石 (Lapislazuri Stern)
翠星石と、双子の妹蒼星石の話。
心を病んだマスターにその身を捧げようとする蒼星石と、マスターを捨てて妹の身を案じる翠星石。
水銀燈の「乳酸菌取ってるぅ?」が聞ける回でもある。

蒼い子派の人には怒られそうだけど、どうしても蒼星石が女の子に見えない。
息子扱いされていて、見た目もボーイッシュなせいかもしれない。
ふと思ったのだけど、マスターのいない翠星石は誰から力をもらっているのだろう。

9話 檻 (Die Gefängnis)
翠星石と蒼星石の話の続き。水銀燈とのバトル。
おじいさんをそそのかして翠星石を夢の世界に誘い込み、蒼星石のレンピカと翠星石のスイドリームを奪おうとする水銀燈。

どうにもいまいちピンとこないバトル回だった。
おばあさんが起きたのは、カズキ君が何かしたからってことなのかな。
しかし水銀燈操るレンピカをジュンが生身で受け止めてたのも意味がわからなかった。
服を容易く切り裂く威力のある羽根が雨あられと降り注いでいるのに、まるで無傷の三人という構図も謎。
あと、nのフィールド内、飛べたり落ちそうになったり、なんだかちぐはぐ。
まぁドールたちが可愛いからいいんだけどね。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
ローゼンメイデン

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/459-7af38927