ローゼンメイデン Rozen Maiden 1~5話

遙か昔に見たきりだったローゼンメイデンを、ふと観直してみようと思い立った。
いつの間にか忘れ去られていたアニメスレで名前が挙がっていたからかな。
個人的名作アニメを振り返るイベントをしているから、ちょうど良かった。

まだ二次元に傾倒していない頃に観たアニメだったから、当時のドールたちへのハマり具合はなかなかスゴかったような思い出が少しありますね!

---

1話 薔薇乙女 (Fräulein Rose)
桜田ジュンとのりの紹介、そしてジュンの元にやってくる真紅。

思うけど、ヒキコモリの部屋ってあんなに綺麗なんだろうか。
普通はもっと床が見えないくらいに散らかっていたりするようなものな気がする。
引きこもっていなくても汚れていくというのに。

やっぱり絵柄に少し時代を感じるかもしれない。それでも真紅は可愛い。
あと、ジュンの声優って結構下手なんだね。

2話 雛苺 (Kleine Beere)
柏葉巴と雛苺の話。
わがままな雛苺が巴を独占しようとし、そのせいで巴の力を使いすぎてお別れしなきゃいけなくなる。

前に見たときは雛苺のわがままっぷりは鬱陶しいだけだったけど、今見れば意外と可愛いかも。
私も大人になったのだろうか。
なんだか無邪気な子供みたいで可愛らしいと感じてしまうね。

3話 水銀燈 (Mercury Lampe)
水銀燈の話かと思いきや、雛苺のうにゅーの話。
真紅の家来になった雛苺の好物の苺大福を、ジュンが買いに行く。
その留守の間に、水銀燈が様子見程度に襲ってくる。

ずっと引きこもってたら外に出るのに覚悟が必要な気持ちはわからなくもないけど、その頑張りをのりみたくあからさまに喜ばれると、なんだか非常にむかつきそうな気がする。
でもあれだけでよく苺大福だってわかったよね。ジュンすごい。
そして苺大福で餌付けされる雛苺は可愛い。
わがままなのは鬱陶しいけど、落書きもちゃんと自分で消してたし。

4話 翠星石 (Jade Stern)
翠星石登場。ジュンの夢の世界に行き、チビ木に水をあげるお話。

かなり速いペースでドールが登場してくるね。
そしてやはり翠星石はとても可愛い。7体の人形で一番可愛いのではないか。
やはりツンデレはいつの時代も選ばれ続ける安心のブランドなんだ。

5話 階段 (Die Treppe)
息抜きコメディ回。翠星石が雛苺のショートケーキの苺を食っちまったことで戦争が勃発する。

翠星石の性格の悪さが露呈する。ツンとは少し違うよねこれ。なんだろう。
普段クールな真紅がくんくんに首ったけなのはとても可愛い。
そして、躊躇せずに翠星石を差し出したのにはわろた。

ただ、コメディタッチの絵が多すぎたように感じたなぁ。
作画はそっちのほうが楽なんだろうか?
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
ローゼンメイデン

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/458-e883bfb3