未来日記 25、26話+まとめ

--- 25話 リセット ---

三周目世界での、雪輝とみねね対由乃とムルムルのバトル。
雪輝を殺そうとする由乃の使う未来日記の内容が切なすぎる。きつい。

「ユッキー! なんで邪魔をするの!?」
――愛しているからだ!
「私、わかっちゃった……。そうよね、当たり前よね。どうして気付かなかったのかしら」
「私もだよ」「私も愛してるよ、ユッキー!」


雪輝は由乃の日記を奪うことで交渉の材料にしようとしていた。
けれど、やはり一対一なら由乃のほうが強い。
そして、やはり愛する人を殺すことはできなかった。

「ユッキー、私たち、別れましょ」「やっぱり、はっきりさせなくちゃ」
「私はあなたをここに閉じ込めて、新しい三周目世界のユッキーに逢いに行くわ」
――何言ってんだよ。それで僕を捨てるのか。
――それでまた、狂ったように人を殺して、それでまた、命まで懸ける気かよ!
「お願い……言わせないで……」
「私は依存できる人間なら誰でも良かった。あなただって守ってくれる人間なら誰でも良かったはずよ?」


由乃っちはキチガイなんかじゃない。ちゃんと自分をわかっている。
今までもわかった上でずっとヤンデレをやってきたんだ。
しかしまぁそれでよく本当に気が狂わずにやってこれたものだよなぁ。
ひょっとして、これが愛の力なのか?

由乃は雪輝を夢の世界に閉じ込め、ムルムルの封印を解いてみねねを倒す。
残るは三周目世界の由乃だけ。

--- 26話 初期化 ---

最終話。
雪輝と由乃の本当に大切なもの。

因果律の狂っていく三周目世界。
両親と分かり合うことができた三周目の自分。居場所を手に入れた自分。
けれど、その幸せを否定してでも、守りたい本当の自分の気持ちは。

夢で逢った好きな女の子。いつも一緒にいてくれた女の子。
その、失った夢よりも大事な、その子は。

「私はユッキーが好き。ユッキーが大好き。ユッキーを愛してる。例え死んでも!」
――由乃。救いに来たんだ、君を。

――このまま僕を刺すんだ。もうわかったろ。由乃の居場所はここじゃない。
――だからさ。僕が死んで、僕が君の居場所を作る。
「私はここに残る。言ったでしょ? 刺せないよ……」
「ね、キスして。ユッキー……」


由乃っちが可愛すぎて生きるのが辛い。
なんでこの子はこんなに躊躇なく守りたいものを守れるんだろう。
キスシーンは本当に泣きそうだった。きつい。

因果律の変動でサバイバルゲーム自体が行われなくなった。
変わる未来、続く未来。ある種ハッピーエンドか。
エンディング後に神になった雪輝の日記に「由乃が会いに来た」と出ていたけれど、これはどういうことなのだろう。OVAでも作ったりするのだろうか?

--- まとめ ---

シナリオ面白い。人の死に方がリアル。女の子が可愛い。
なかなかの秀作だった。★4評価です。

基本ヘタレな雪輝に由乃っちが惚れる理由がよくわからなかったが、それもちゃんと伏線になっていた。素晴らしい。
2クール26話という尺をきちんと使い切ってきたね。

強いて欠点を挙げるなら、神デウスの存在感と、みねねのゴスロリが最初しか見られなかった点。
神様とムルムルの行動原理の説明がやや薄かった。
みねねのゴスロリはとても良いものだったんだけどなぁ。なんでもう一度やってくれなかったんだ。

1期のOPEDはとても良い。
オープニングに関しては、もしランキングを作るなら相当な上位に食い込む完成度だ。

そして何より、ヒロイン我妻由乃が可愛すぎる。どうしよう。
ヤンデレの魅力。それは一途な想いを持つところだ。
人はバランスを取りながら生きる。いくら大切なものでも、そのためだけに全てを犠牲にする覚悟は持てない。どこかでブレーキをかけ、二番目や三番目に大切なものとの折り合いを付ける。

由乃にはそのブレーキがない。自分に大切なものはたったひとつだけ。それ以外は何もいらない。
その思い切りの良さがもたらす行動を、人は「狂っている」と言う。

私はそうは思わない。
本当に大切なもののため、全てを無くすことも厭わずに追い続ける。
それは正しい生き方だ。人とは本来そうあるべきだ。
そうやって手に入れたものこそが本物の宝物であり、何にも代えがたい美しい輝きを放つのだ。
我妻由乃は、私にとって、誰よりも正しい生き方を貫いた美しいヒロインなのだ。

ま、実際にあんな子に慕われたら厄介どころの騒ぎではないのだろうけれど、そのあたりはこのブログのタイトルでもみて納得していただきたい。
ということで、由乃っちは私の二次元ヒロインランキングに堂々ランクインだね!
これを期にヤンデレヒロインがもっとメジャーになるといいなぁ。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
未来日記

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/443-52cfe95a