春季限定ポコ・ア・ポコ! 藍ルート

名作「リアル妹のいる大泉君のばあい」を作り出したALcotハニカムの最新作「春季限定ポコ・ア・ポコ!」を始めてみた。
このブランドは、質の良いミドルプライスのゲームを作っているイメージ。
ボリュームが少ないと、早く終わるし、小さなテーマも冗長にならずにまとめられるのが良いよね。

ポコ・ア・ポコ(poco a poco)は元はイタリア語、音楽用語で「少しずつ」という意味らしい。
  「人生はね、ポコ・ア・ポコなんだよ!」
  「つまり、"ちょっとずつ"確実に進んでいけばいいってこと」


私がこのゲームに手を付けたのは、もちろん評判が良いということもあるけれど、可愛い妹キャラがいるからという理由もある。
ということで、まずは残念なブラコン義妹の、野々宮藍ちゃんから。
藍の声優は、桐谷華。
最近デビューしたばかりの声優のようだ。
「穢翼のユースティア」のラヴィリア役のひとだね。

藍ルートは、主人公にとっての妹、藍にとっての主人公、そして生き別れていた妹が象徴する家族についての話。

---

ブラコンな妹と、シスコンな兄。
そんな相思相愛(?)なふたりに影を落とすのは、生き別れていた主人公の双子の妹、遥。
藍は、兄が自分だけの兄ではないことに気付き、兄に甘えすぎるのを止めようとする。
しかし、そんな藍に主人公は言う、「家族なんだから遠慮なんかするな」。

主人公も、初めて会った実妹に、切れてしまった家族の絆を感じる。
彼女がどんな生活をしてきて、どんなものが好きで、どんなことを考えているのか。
そして、彼女が失踪したときには心から心配をする。
「形はどうであれ、俺たちは家族だ。妹を心配しない兄などこの世にいないんだ」

そうして、無くしたまま気付くこともなかったはずだった妹が家族になり、自分が憎んでいたはずの両親も、やはり家族だったことに気付く。
そんな話だったと思う。

しかし正直に言って、兄妹モノはやはりリア妹を書いていたライターおるごぅるのほうが上手だった。
ひたすら藍が可愛いだけのシナリオだった。
この残念系ブラコンっていうキャラはとても良かったね。
もっと耳年増的なエロ方面に行っても良かったのに。

Hシーンは普通。
全体的にちょっと期待外れだったけど、これから良くなることを期待して次に行こう。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
春季限定ポコ・ア・ポコ!

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/400-a97f4f72