螺旋回廊 Extra1(紫苑ルート)

一応隠しエンド扱いの、葵ちゃんの弟水代紫苑のマルチアングルシナリオを攻略。
物語の黒幕「ユカリ」である紫苑について語られる。
紫のことをゆかりと読むのは知らなかった。

エンディングは3種類。
うちふたつは葵奴隷化をEDENに依頼しなかった場合。
ひとつが依頼した場合。

なんとなく気付いてはいたけれど、やはり紫苑の根っこにあったのは、姉弟愛だったのだね。
大好きな姉さんが主人公に取られる。
それなら自分のもの=物=奴隷にしてしまおう。
理解出来ない思考ではないけれど、実際に実行するのはさすがに…という感じだね。

まぁ女顔である彼が先輩に掘られていたという異常な境遇も多分に関係しているのだろう。
しかし、いくら先輩が紫苑を通して葵を見ていたからといって、紫苑が葵になろうとする思考は良くわからなかった。
別に先輩の為でもないようだし、それで本当に紫苑自身は満たされるのだろうか。
確かに観念上では自分の物にするよりも素晴らしいことなのかもしれないけれどさ。

---

今までのエンディングと絡めて考えてみると、葵絡みのエンドで、実際に紫苑の思惑通りになったのって意外と少ないよね。
「こんな姉さんは姉さんじゃない、もういらない」と言って葵を捨てるときの紫苑は、一体どんな気分だったのだろう。
自分の取り返しの付かない選択を後悔したりしたのだろうか。
それとも「遊び」にハマって、他の奴隷を見付ければいいや、と思ったりしたのだろうか。

とは言え、葵が出てこないエンディングのほとんどは、葵は紫苑のものになっているようだ。
ふたりの姉弟愛はその形を変えて、ふたりを幸せにしていくのだろうか。

このあたりはとても気になるところだ。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/397-3b38e527