化物語 まとめ

原作西尾維新、制作シャフトのアニメ「化物語」。
このアニメが「原作をほぼ忠実に再現している」という話を知り、かつアニメを2周観ても(コメンタリーを含めれば3周しているが)この作家には相変わらず大した興味を抱けない。
確かに文章の言い回しは妙を得ていると思う点もあるし、掛け合いのテンポは悪くない。
けれど、それはどちらかというと小説やあるいはギャルゲーの日常シーンに向いている面白さであり、決して尺に制限のあるアニメーション作品向きの面白さではないように思う。
まぁ小説家ですからと言われたらそれまでなのだけれど、今回はあくまでアニメーション作品としての側面でのみの評価として。

従って、初めてこの作品を視聴した際の私の感想は必然的に「冗長で退屈」というものだった。
けれど、2周してみた段階での感想は、意外にも大分違ったものになった。
一言で言うのは難しいが、強いて言うのならば「味がある」「興味深い」といったものだろうか。
誤解がないように言っておくが、薄っぺらく中身がないというシナリオ自体の評価は変わっていない。
それがこうまで評価が変わるのは、間違いなくシャフトという制作会社の功績だろう。

何本かシャフト制作のアニメを観てきて気付いたことだけれど、「化物語」はシャフトの中でもかなり異色の、というかシャフトらしい、他の制作会社では作り得ないような演出を駆使した作品だったように思う。
ある種タブーのようになっている(と私が勝手に思っているだけかもしれないが)実写をアニメ上に取り入れたり、「黑齣」などという意味があるともないとも知れない(実際はある、らしい)カットを場面転換に使ってきたり、やたらと漢字を象徴的に用いてきたり、例え始めたらキリがない。

ともかく、そういった「演出」の部分で、作品自体にとても深い奥行きが出ている。
例えば冒頭の目まぐるしく差し変わっていくプロローグの台詞のようなカットもそう。
あんなのスロー再生と一時停止を駆使して必死に読まなければ読み取れないものだし、しかもほとんどの人は実際にそんなことはしない。
そして、全て観終わった後でもその読み飛ばしたプロローグ部分があることを思い出し、「この作品にはまだ自分の知らない部分が残っているのだな」と内省したりする。
実際読んでしまえばどうせ大したことは書いていないのだろうけれど、そうだとわかっていても未知の部分を意図的に残されるこの不安感が、作品の奥行きを出す一因になっているのだろう。
やたらと旧字体を濫用した文字的な演出なんかも、似たような効果をもたらしている。

文字的な演出という点は、上記の効果の他にも当然「世界観の演出」という意味合いも兼ねている。
その意味では、主要キャラクター以外全く描かれない、無駄に清潔感のあるのっぺりとした比喩的な背景、という演出のほうがよほど効果的である。
これが具体的に制作者側が何を視聴者側に伝えたいのかは、私にはいまいちよくわからないが、好きか嫌いかで言えば私は「好き」な部類の人間に入る。

結局アニメはシナリオや女の子だけではなく、制作側が手を入れ得る全ての要素を含めての「雰囲気」を作ることが大切なのであり、その全体的な雰囲気が気に入ればその時点で少なくとも良作と言える作品になっているのだろう。
私が言いたいのは、シャフトの作るアニメーションはやっぱりスゴいな、ということに帰結する。
シャフトらしさというか、その独自の作風でここまで作品を魅力的に仕上げて来るのだから。
この薄いシナリオだったからこそシャフトらしさが光ったのか、もっとシナリオに重厚感があれば更に素晴らしい作品になったのかは定かではないけれど、原作にほとんど興味を抱けない私のような人間にここまで語らせたのだから、全く大したものである。

---

とは言うものの、やはり女の子は重要である。間違いない。
そして若干の葛藤を抱えながらも、私は戦場ヶ原ひたぎを推す。
千石撫子も可愛いんだけどね、見た目的にはむしろ本命と言ってもいいんだけどね、12話つばさキャットその二を見せられると、やはりひたぎだなぁと思ってしまうのだった。

ということで、私的ランキングは 戦場ヶ原ひたぎ > 千石撫子 > 神原駿河 ≧ 八九寺真宵 > 羽川翼 。
駿河と真宵は迷うところだけれども、下ネタ的ギャグとしては駿河のほうが面白いので。

ちなみにこれは「グリザイアの果実」のほうの記事にも書いたことだけれど、グリザイアでは原画を描いている渡辺明夫が、化物語のキャラクターデザイナー兼総作画監督を務めている。
まぁそのせいか、グリザイアで渡辺明夫が担当しているキャラクターの絵は、化物語のキャラクターに良く似ている。
というか、戦場ヶ原ひたぎと榊由美子は、見た目ソックリ。中身は全然違うけれど。
そして悔しいことに(?)由美子よりひたぎのほうが可愛い。
やはりツンデレはいつの時代も選ばれ続ける安心のブランドなんだなぁ。

そして、グリザイアではついついお気に入りキャラクターにフミオ担当ではなく渡辺明夫担当のキャラばかり選んでしまう。
実はかなり私好みな絵柄のひとなのかもしれないな。

---

オープニングとエンディングについても。
エピソードごとにオープニングを変えてくるという手の入れようは、純粋に評価に値する。
「シャフトと言えば、曲に合わせてキャラが歌ってくれるオープニング」との定説があったらしいが、その名残がエンディングで発揮されているのかもしれない。
良曲揃いだし、アニメーションもカッコ良い。
ここまで力を入れて作ってくれると、観ているほうもとても嬉しい気持ちになります。

そしてやっぱりお気に入りは 真宵編「帰り道」>撫子編「恋愛サーキュレーション」の順で。
エンディングのsupercellはちょっとミーハーすぎてあまり好きじゃなかったけど、12話のエンディングで使うなら納得。

---

ずいぶん興に乗って長くなったけれど、結論はこのアニメが「ストーリーはつまらないのに観ると面白いアニメ」という珍しい枠にカテゴライズされているという話。
もし西尾維新が好きなひとならば、神作に認定してしまってもおかしくない作品だと思う。
私にとっては、とても興味深く面白いアニメだった。
秀作認定、★4評価です。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
化物語

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/387-111f7f6e