WHITE ALBUM マナルート

ホワイト・アルバム、2キャラ目は家庭教師の生徒、観月マナちゃんを攻略。
マナはツンデレとはちょっと違うなぁ。
クロス・チャンネルの冬子と似ているかもしれない。
反転型勝ち気娘というやつか。

マナルートは、マナが毎週家庭教師に行く主人公に惹かれていく。
恋人の由綺とマナはいとこ同士で、同じ人を好きになってしまうお話。

その描写が全くなかったのでよくわからなかったが、主人公もマナに惹かれていたようだ。
しかし、マナは「何かをひとりでやり遂げている由綺」と「ひとりじゃ何もできない自分」とを比べ、庇護欲を誘って由綺の恋人を取るのはフェアじゃないと考えた。
だから、自分がひとりで何かできるようになるまで、一旦お別れ。
主人公もマナのその決意を汲み、由綺よりもマナに惹かれていることを自覚しながらも、由綺と付き合い続ける。

英二が由綺にちょっかい出してくるくだりがあるのかと思ったけれど、全然関係なかった。
クリスマスのアレはなんだったんだ。
もっとADとか喫茶店のバイトとかして、英二や由綺と会話していかなきゃいけなかったのかなぁ。
しかしいくらシミュレーションゲームだとは言え、自分の行動でシナリオの完成度が下がるのはいただけない。
でも、クリスマスから正月にかけての、看病したり看病されたりのくだりはなかなか面白かったね。

Wikipediaを見る限り、「浮気」をテーマにしたゲームだということだけれど、別にこれは言うほど浮気ってわけじゃないような気がする。
主人公がマナのことをどう思っているかがあまり語られないのが残念だよね。
由綺に「実は他に好きな人がいるんだ」って言っておいたのに、そのくだりは全くその後の展開に絡んでこなかったし。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
WHITE ALBUM

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/335-fa341c43