真剣で私に恋しなさい!S 燕ルート+アフター

まじこい!S、メインヒロインは納豆小町こと松永燕ちゃんを攻略。
燕ルートは、「誰とも恋仲ではない未来」の「燕ルート」から、「燕が主導権を握る未来+燕との未来1」と「燕の主導権を握る未来+燕との未来2」の2つに派生する。
燕ルートラストでの燕からの告白を素直に受けると前者に、告白を断ると後者に進む。
燕が主導権を握ると燕がSに、燕の主導権を握ると燕がMになる。

燕先輩は、小悪魔系でマイペースな女の子で、次期四天王候補でもある実力派。
「~~だよん」というちょっとトボけた喋りかたが可愛いよね!
声を当てているのは、長妻樹里という新人声優らしい。

---

燕ルートでは、大和にいろいろちょっかいを出してくる燕先輩と、それに嫉妬する百代の話。
紋様ルートで出てきた、百代に黒星を付けるための刺客というのは燕先輩のことだったのだね。
紋様ルートでは、揚羽の敵討ちを紋様の手の者にやらせることを大和が止めたが、今回はそんなこともなく、燕と百代は武闘会で戦うことになる。

燕は大和のように戦術戦略をとことん重視するタイプであり、そのために百代と仲良くなり、百代の弟分でもある大和とも仲良くなった。
全ては百代のことを知り、百代に勝つために。
大会当日、燕大和ペアは危なげなく優勝し、燕は百代の前に立つ。
百代が自分と大和との関係に嫉妬心を感じているのを承知で大和とキスをして、百代の動揺を誘うことまでして。
そしてエキシビションマッチ、武神川神百代は、一対一の戦いにおいて初めて敗北を喫する。

燕が百代や大和と仲良くしようとしたきっかけは、確かに百代に勝つためであり、そのためにふたりを利用していたのは間違いない。
しかし、それでもふたりと仲良くしていて楽しかったことは間違いないし、大和に惹かれていたのは間違いなかった。

---

シナリオ的には今までで一番面白かった。
ようやく盛り上がる展開を入れてきたなーっという感じ。
大会での岳人長宗我部ペアとか結構応援しちゃったしね!
アニメーションカットインも数カ所で入ってきて、とっても盛り上がりました。
納豆小町の歌とか無駄にクオリティ高かったしね!

その後の未来では、大和が主導権を握ると、燕が大和を見返そうとして九鬼のパンドラメモリーを盗みだそうとして捕まる。
そして九鬼従者部隊に制裁されそうになった燕を大和が身を挺して庇い、そして燕は二度と大和に頭が上がらなくなってしまうのでした。
「もう身も心も、君のものにされちゃったからさ」
「好きにして、いいよ。言うことも聞くし…」
「そのかわり、ちゃんと可愛がってね」


逆に燕が主導権を握ると、燕も無理をせず九鬼に忍び込んだりしなくなる。
沖縄に行ったりしていちゃいちゃしながら、燕の尻に敷かれていくのでした。

ちなみに燕がSのときはゴム有りで、燕がMのときは中出しセックスをするのだけれど、それってどっちが主導権を握っているとかそういう話だったのか?
Mだとゴム付けて…って言えなくなっちゃうのか。
そう考えると萌えてしまう私は、やっぱり頭がおかしいのかな

それにしても燕先輩はかわゆすなぁ。
この小悪魔系な感じはたまらないね!
大和が告白を一旦断ってからやっぱり付き合おうってなったときの腹黒いCGにはわろてしまったよ。
まぁいきなり納豆を取り出してくる意味のわからなさはちょっとアレだけれども…。
でも納豆小町のポスターの可愛さは異常。
というか、SになってCGの完成度が全体的に上がっているよね!ちゅっちゅ
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
真剣で私に恋しなさい!

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/319-e5435a56