WORLD END ECONOMiCA episode.1

二周目プレイ:加筆修正 2012/09/27

狼と香辛料の著者、支倉凍砂がシナリオを書いている同人ゲーム「WORLD END ECONOMiCA」の第一話をプレイしてみた。
三部作構成らしいが、去年の夏コミで一話が発売されて、次回は今年の夏コミらしい。
まだ半年以上先かぁ…長いなぁ…

狼と香辛料も主人公が商人で経済的な事柄を扱っていたが、このシナリオでもその方向性。
てっきりライターは経済学部でも出ているのかと思っていたのに、Wikipediaによると物理専攻だったらしい。よくわからん
ともかく、話を書く上で自分の得意なジャンルがあるというのは、大きな強みだよね。

--- シナリオ ---

――俺は月生まれだ。
――地球生まれの奴らとは違う。人類の最先端が、俺の生まれ故郷だ。


株式の短期売買で金を稼いでいた家出少年ヨシハルと、人助けが趣味と言い切るクリスチャンの理沙、理沙に匿われている数学オタクの家出少女ハガナ、3人の生活から話は始まる。

ある日ハルが帰ってくると、ハガナは理沙が留守の時に教会にやってきた金貸しトヤマと大喧嘩していた。
それを仲裁し、トヤマの借金の利子をハルが立て替え、その場は収まった。
しかし理沙が言うには、ハガナはその借金を自分のせいだと自責していて、自分を売ろうとしているらしい。

「あの子を無視しないで。あの子は自分の価値を見失っているの。借金のカタにすぐに自分を売ろうとする思考がマトモなわけないわ」
「あの子に、自分は単なる商品ではなく、一人の人間であるということを忘れさせないで欲しいの」


ハガナは最初から必要以上にハルのことを目の敵にしていた。
親からも売られて月に来て、家出した先でも借金を作ってしまったと思っている彼女は、一日中パソコンに向かっているハルのことが許せなかったのだ。

「働いてないくせに」
「私たちは一生懸命生きている。月で生まれたお前なんかとは違う」


机上の問題は美しく解けても、現実問題は何も解決できない。
そんなハガナにも自分の力を発揮できる場所を用意できたのが、ハルだった。
借金を一括返済しなくてはならなくなった理沙に、ハルは自分がデイトレードで稼いでいることを明かし、自分の取引資金からその借金を立て替えること、投資コンテストでの賞金のこと、そのためにハガナの力を借りたいことを話す。

金融工学。
ハルが感覚的、経験的に行っていることを、ハガナが数式化し、プログラムにして効率化する。
ふたりは二人三脚で協力することにした。
ハルはコンテスト入賞者に行われるヘッドハント目当てで、ハガナは自分の存在意義を確認するため。

「ハガナ。あなたの一番得意なことが人に本当に必要とされてるのよ」


ハガナのプログラムはとても優秀で、コンテストだけでなく現実の株式市場でも通用するものだった。
しかし、ハガナがクオンツ(金融工学者)として優秀であればあるほど、ハルの存在価値が減ってゆく。
ハルはハガナのプログラムの一部になってしまったような気がして、モチベーションを保てなくなってきてしまう。
そんなハルにアドバイスしたのは、ハルと同じく自分の目と経験で成功したヘッジファンドのオーナーのバートン。

「ニーチェは言っている、科学の秘密とは、計算できないものへの本能的な恐れだと」
「人が機械を越えるには、その計算できない物へ近づかなければならない」
「それができるのは、出来事の向こうに人の思惑を見抜ける者だけだ」


ハルは自分の投資家としての矜持を取り戻したが、コンテストは最後に負けてしまい2位で終わる。
次の問題は、理沙と同じ境遇の人から借金返済のための資金運用を頼まれ、最終的には金貸しのトヤマにまで頼まれてしまった、現実の株式市場。
トヤマがいきなり一括返済を求めてきたのは、地上げ屋に代わった金主の、トヤマの顧客の持っている土地を借金のカタとして取り上げたいという思惑があったからだった。

ハルとハガナはなんとか目標額に乗せようとするも、如何せん期限が短すぎて届かない。
ハルは、最後の手段としてバートンに自分に投資してほしいと頼むも、断られる。
しかしその代わりにバートンからインサイダー情報を教えてもらう。
臨んだ最終日、ハルは情報を信じて全力でバートンの言う銘柄に注文を出す。
しかしハガナは情報通りに値段が下がらない銘柄に対し、値動きがおかしい、プログラムで計算してもここから逆転することはあり得ない、早く損切りするべきだと言ったが、ハルはインサイダー情報に固執して聞く耳を持たなかった。
結局、バートンは真逆の情報をハルに掴ませていた。

「考える頭を持って取引をしたかね?」


――ハガナは教会から消えていた。
――俺の十代は、こうして、幕を閉じた。


---

まず、主人公の夢や目標もシンプルで、登場人物の心理がわかりやすくて良いね。
ハルのクオンツとしてのハガナの能力への嫉妬と、同じ目標を共有するパートナーとしてのハガナへの信頼の対比は鮮やかだった。
ハガナも最初の敵意むき出しのツンツンした態度から、ハルを信頼していく様子がきちんと描かれていたね。
デレてたのとはちょっと違うけど、確かに庇護欲をそそられる感じだったね!

「あの子が他人へ辛く当たるのは、自分の辛さをガマンしている裏返しだと思う。痛みを我慢して力んでいると、力の加減ができないようにね」


起きるイベントもなかなか熱い展開を見せてくれて燃えたし、ラブコメ要素が皆無なのも好感が持てる。
経済的な事柄については、教養程度の経済知識を持っていればほとんど問題ないレベル。
理屈がわからなかったとしても、ちゃんと勝利条件を提示してくれるのは親切だね。

ご都合主義な展開もあまりなかったし、ツッコミどころも少なめ。
シナリオとしての完成度はかなり高いと思う。
主人公もできる系だし、ハガナも可愛い。
ラストの引きも良いね!
二話も買ってしまうこと間違いなしだ。

--- 絵・キャラクター ---

出てくる登場人物のキャラがちゃんと立っているのは魅力的。
と言っても、今のところあんまり出てきていないけれども。
クリスなんかは次回以降本気出してきそうだね。

CGは40枚弱と、比較的多め。
エロ無しでこの分量なら十分じゃないかな。
細かいところでも一枚絵が出てきたりして、ちょっと贅沢な気分になれたね。

絵自体は上手いのか下手なのかよく分からない。
割とかわいい系な絵だね。嫌いじゃないよ!
お気に入りは、寝起きで伸びをしてるハガナの後ろ姿。

背景はとっても綺麗!

--- その他 ---

音楽
BGMは優。結構好みな曲が多かったと思う。
オープニングムービーは同人ゲームにしては秀逸。
かなり気合い入れて作ってきているね!
ハルとハガナが街を眺めているところは、ハガナのスカートがはためくアニメーションが欲しかったけど…贅沢かなぁ

システム
必要最低限のものは全て揃っている。

--- 評価 ---

エロ無し音声無しの、シナリオで勝負してきているゲーム。
あ、絵も気合い入れているのかな。

勝負は勝ちだと思います。普通に面白いね!
投資コンテスト終盤から、ラストのインサイダー取引までの疾走感はハンパない。ヤバい。
これなら、2話以降の展開も安心して期待できそう。

現時点では自信を持って人にオススメできる秀作、★4評価。
関連記事
category
ゲーム [★★★★★]
WORLD END ECONOMiCA

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/311-fe11a687