狼と香辛料II 0~3話

ホロが可愛いアニメ枠の狼と香辛料、2期は1期放送終了から5クール後の放送。
制作会社と作画監督、キャラクターデザイナーが変わっている。
そのせいか、1期とはどことなく違った印象を受ける。
目の描き方なのかなぁ

いちおう観るのは2回目だけれど、もう2年以上前のことだからあまり覚えていないな

--- 0話 狼と琥珀色の憂鬱 ---

TV未放送回。
1期ラスト、金の密輸が成功した直後、ホロが体調を崩してしまう話。
ホロの心の内が少しだけ垣間見えたりする。

過去、現在、未来、ホロの時間はロレンスを中心に動き始めている。
でも、ヨイツに帰ればロレンスとはお別れ。
そうでなくても、人間は賢狼の自分よりよっぽど早くに死んでしまう。
そういう人外のもの特有の苦悩を抱えているようだ。
だからといって、先の辛いことのために今の楽しみを捨てたりしないのが、賢狼の賢狼たる由縁か。

今回のホロの萌えポイントは、ロレンスが帰ってきたのを喜んでぱたぱたしてしまう尻尾を無理矢理手で押さえるところと、ノーラの話をするロレンスにジト目を使うところ。
ホロが体調を崩しているせいか、いつになく弱いところが垣間見える、とても良い萌え回だった。

--- 1話 狼とふとした亀裂 ---

祭りを控えたクメルスンという街に着き、アマーティと出会う話。
このアニメらしさが詰まった、まったりほのぼのとした回。
タイトルの「亀裂」は、たしかヨイツはもう滅びたみたいな話をロレンスが小耳に挟んでいるのを、ホロに言えずにいるみたいな話があったような気がするので、そのことかな。

今回のホロの萌えポイントは、二日酔いで死んでるところからの尻尾での「いってらっしゃい」も捨てがたいが、やっぱり「お前はおれのタイプじゃない」のくだりにしておこう。
あのシーンは、ホロの男心を手玉に取ろうとする小悪魔的魅力が存分に発揮されているよね!
手玉に取り切れているのかはやや疑問があるけれども。

しかし、ここまで一緒にいるのに「ニョッヒラからはお前一人で帰れないか」は酷いと思うよ!
ホロも時の流れを噛みしめている時期のようだし。

――初めて出逢ったのが、もうずいぶん遠い昔のような気がする
時は、余りにも早く流れる。

--- 2話 狼と嵐の前の静寂 ---

ロレンスはディアナと会いヨイツの言い伝えを聞き、ホロはアマーティと祭りに行く。
アマーティがホロにめっちゃ色目を使っているようだけれど、ホロはなぜか無防備な女の子になっている。

ヨイツという村は「月を狩る熊に滅ぼされた」らしい。
まぁホロがいったい何年前にヨイツに住んでいたのか、よくわからないからな。
しかしホロにその話を聞かせないようにしたのは、ロレンスの優しさの現れなのだろう。

今回のホロの萌えポイントは、字が読めないことを告白するところ…かな?
ホロの出番があまり多くなかったので、そんなに選ぶ余地のない回。

エンディングの曲は、なんだかくるりみたい雰囲気だねー

--- 3話 狼と埋まらない溝 ---

アマーティがホロの借金を代わりに返済し、ホロに求婚することを宣言する回。
アマーティは自身の財産に加え、今バブル的に値が上がっている黄鉄鋼の相場取引で荒稼ぎし、代金を工面しようとしている。
一方、そのころのロレンスは、仮にアマーティがホロの借金を返しても、ホロが自分を選んでくれることを信じて、ホロと一緒に祭りを楽しんでいた。

ディアナからの手紙をホロに預け、商人仲間のところに行ったロレンスが宿に帰ってきたときに見たものは、手紙を読んで泣き崩れるホロの姿。
――おまえ、字が読めたのか…
「ぬしよ…どうしよう、わっちの帰る場所は、もう…ありんせん…」


ホロは、ヨイツが既になくなっているかもしれないこと、さらにロレンスがそれを知っていながら黙っていたことに酷くショックを受けていた。
ホロは、ただ故郷に帰りたいというだけで苦楽を共にしてきたのに、その目的が果たせないかもしれないことを教えてくれなかったロレンスに対し、裏切られたと感じてしまった。
そんなの言いがかりで、それもロレンスの優しさなのだと理解できていないホロではないのだろうけれど、けれど理性と感情は相反するもの。

「そんなことも知らずに、のんきに浮かれておったわっちの様子は、さぞ面白かったであろう!」
「ぬしは、憐れでか弱い子羊が好きじゃからな。何も知らずに、とっくに滅びた故郷に帰りたいなどと言っておったわっちはどうじゃった?間抜けで可愛かったじゃろう?憐れで愛しかったじゃろう?だから我儘も許して優しくしてくれたのじゃろう?」
「ニョッヒラから勝手に帰れと言ったのは、もういい加減飽きたからなのかや!?」

「わっちはひとりになってしまった。わっちの帰りを待ってくれているものは、もうどこにもおらぬ」
「嫌じゃ…もう、ひとりは嫌じゃ…」
「なぁぬしよ、わっちを抱いてくりゃれ…」
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
狼と香辛料

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/307-f86c14b4