狼と香辛料 1~6話

ホロがめっちゃ可愛いアニメ枠、狼と香辛料。
原作者が同じで世界観を似ているゲーム「ワールド・エンド・エコノミカ」をプレイする目処が立ったので、それに備えてこのアニメをおさらいします。

初めて見たのはTV放送直後だったから、もう2~3年前かな。
ホロが可愛くてなんだか商売ぽい内容を扱っていたことしか覚えていない。
やっぱりこうやってマメなメモを取るのは大事だよね!

--- 1話 狼と一張羅 ---

ホロとロレンスが出会い、そして共に旅をすることになる話。

ホロには人間の羞恥心っていうのはあまりないのかな、裸ばっかり。
尻尾はとてもフサフサしていて気持ちよさそうだった。
BD版なら裸のカットに乳首くらい描いてあるかと思ったら、全然そんなことなかった。
まぁこれはこれでホロの魅力だから良いのだけれどね。

倉庫に閉じ込められていたクロエを迎えに来たお役人みたいのってなんだっけ

--- 2話 狼と遠い過去 ---

雨に降られて駆け込んだ教会で、流通している銀貨の銀の含有率が上がるという儲け話を聞く回。
それと、ロレンスと狼の過去、ホロと人間の過去の話がちょっと。

割とまったりな雰囲気。
ホロの賢狼としての魅力を画で伝えてこようとしている。
誇り高き狼の尻尾、そして嘘を聞き分ける耳。

ホロとロレンスの商人的な会話は割と独特だよね。
言葉の裏を読んだ会話は、サクサク進むようで観ていて飽きない。

--- 3話 狼と商才 ---

銀貨の相場取引話その2。
港町へ行き、テンの毛皮をホロが舌先三寸で高値で売りつける話も。

ロレンスもだけれど、ホロの機転の利き具合はやっぱりスゴい。
ロリババァ属性を十全に活用しているよね!
でもリンゴによだれを垂らしてしまうギャップがまた。
まぁ今回のホロの萌えポイントは、両替商へのロレンスの嫉妬心を分かった上で、それに萌えてるホロだね!

--- 4話 狼と無力な相棒 ---

銀貨の相場取引話その3。

銀の含有率が上がると話を持ちかけられたのに、実際は下がっていた。
これは、複数の商人にこの話を持ちかけて銀貨を買い占めさせ、相場が下がったところでその銀貨を安く買い集める商会の目論見だとロレンスは推理し、その裏をかこうとする。
相場の下がった銀貨を大量に集めて、どう金儲けするんだっけかな?

しかし、ロレンスの魂胆に気付いた敵商会は、ロレンスとホロを捕らえようとする。
ふたりは、味方の商会に逃げ込もうとするが、ホロは自らを囮としてロレンスだけを逃がす。
ロレンスのほうが商会側の取引材料として価値があるからね。
しかし冷静に考えれば、既にロレンスの魂胆は味方商会側にも伝わっていることを、敵も気付いているはず。
なのに今更ロレンスを捕らえようとする意図とは。

そして、敵に捕まったホロが、狼の化身であることがバレてしまう。
一般的な主人公なら、ヒロインを犠牲にして自分が助かるなんてあり得ないのに、商人的な損得勘定でそれをしてしまう話はとても珍しいと思う。

今回のホロの萌えポイントは、自分の店を持ちたいと言うロレンスに、「ひとりは厭いた…」と弱音を吐き、故郷に帰るまでは一緒に旅をしようと慰めてもらうところ。
布団に入ったらホロが潜り込んでいたとか、ドキドキだよね!

--- 5話 狼と痴話喧嘩 ---

銀貨の相場取引話その4。

結局、銀貨を大量に集めて、それを鋳造元の国王に買取らせることで利益を得ようとしていたらしい。
また、それに伴う利権の数々も儲けに繋がるとか。

ホロを捕らえた敵商会は、この一件から手を引けと脅迫してくる。
しかし、手を引いたからといってホロが帰ってくる保証はない。
なので、先に国と皮算用でも良いので契約してしまい、その利権で敵商会と交渉しようとする。
こちらの弱みはホロだけなので、まずはホロを救出することが重要。

ホロは囮になるとき、ロレンスが助けに来てくれることを信じていると言って別れた。
でも、実際に牢に来たのはロレンスではなかった。
きっとホロは助けに来たのをロレンスだと勘違いして何か恥ずかしいことをしてしまったに違いない。
それでロレンスを責めるのが、サブタイトルの痴話喧嘩。

今回のホロの萌えポイントは、自分の可愛さを理解し利用してロレンスとの会話での優位性を取ろうとするところかな。
ロリババァ属性があると、こういう立ち回りがめっちゃ似合うよね!

--- 6話 狼と無言の別れ ---

銀貨の相場取引話ラスト。

ロレンスとホロは、味方の商会の商談がまとまるまで逃げるつもりだったが、地下道で追い詰められる。
ホロはロレンスを守ろうと狼の姿になり、敵を追い払う。
しかし、ロレンスが自分の狼の姿を怖がることを悲しんだホロは、ロレンスの元を去ろうとする。
ロレンスはちょっとビビりすぎな気がしたけど、狼に襲われたトラウマがある設定になってるのかな。
2話あたりの過去の回想とか。

しかし、ロレンスは商人らしく、破いた服を弁償しろと言って引き留める。
ラスト、ホロがリンゴを買い占めていたのは、一緒に旅を続けようっていう返事なんだよね?きっと

今回のホロの萌えポイントは、クロエに売られることを覚悟して耳を付せたところかな!
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
狼と香辛料

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/284-1864ba12