彼岸花の咲く夜に 第二夜 1、2話

第一夜をプレイしてしまったので、とりあえず第二夜も。
でも第一夜の内容はあんまり覚えてないのだよね。
ひぐらしやうみねこみたいな長編ではなく、短編集みたいな体裁を取っているので、あまり覚えてなくても関係ないような気がするので、気にしないようにする。

--- 1話 お月見会 ---

毬枝がおめかしをして学校妖怪の集まる酒宴に行く話。

実際は、旧校舎の主とやらに毬枝だけが歓待されていたという。
彼岸花いわく、旧校舎には今まで妖怪がいなかったから、毬枝が旧校舎の妖怪になったことを喜んでいたのだとか。

オープニング前のアバンストーリーなので、軽い内容。
第一夜で出てきていない妖怪の紹介もあった。

--- 2話 十三階段の死神 ---

序列第二位十三階段の死神イザナミが、相馬あやを狩ろうとする話。

意外にも明るいラストのエピソードだった。
妙に明るかったので、最後の最後にどんでん返しがないか心配してしまうレベル。
展開的には普通に面白かった。

ただ、生きる意味自体を考える必要が本当にないかと言うと、私はやや疑問に思うね。
あれはイザナミの好みかどうかの問題であって、正しいかどうかはまた別問題だよ。
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
彼岸花の咲く夜に

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/274-5bb37a1e