七つのふしぎの終わるとき 深咲ルート

ななとき、2キャラ目は真面目でお人好しな元クラスメイト、遠近深咲ちゃん。
一部でわき毛が生えてる疑惑が囁かれていた子でもある。

ちなみに、わき毛については、私に言わせれば影がそう見えたというだけの話。
他のCGでは毛生えてなかったし!
でも「他のCGで生えてなかったのは、その間に処理しただけ」と言われてしまうと、なかなか有効な反証が思いつかない。

声を当てているのは木村あやか。
ディエス・イレでルサルカの声をやっていた人だね。
まぁまぁ好きなタイプの声かな!

---

深咲ルートでは、七不思議探しというよりも、深咲と主人公の恋愛模様がメイン。
深咲は元々主人公のことが好きだったらしい。
これも、ふみルートと同じく理由はよくわからない。
理由無しで慕わせるなら、幼馴染み設定を付ければいいのに。

七不思議の時計は、ふたりの交際を学園長な祖母に認めさせるために集める。
もともと深咲は、七穂を過去に帰すために集めていたわけで、お人好しな深咲が七穂の願いより自分の希望を優先させるあたりがポイントかな。

「私は、今までずっと、誰かに必要とされなきゃ存在する意味もないって思ってた」
「でも、智くんを好きになって、ぜったい幸せになりたいって強い感情が生まれた」
「それが、他人の未来を左右することになるとしても」
「私の未来は、誰にも決めさせない。私自身で決める」

これを一回り成長したと言うか、汚れてしまったと言うかは人それぞれ。
まぁ理想論だけじゃ生きてはいけないからね

---

深咲ルートはだいぶ短かった気がする。
シリアスなシーンが少なかったからかな?
七不思議的な意味ではかなり物足りなかった。

深咲がこまったチクタクを使っている様子とか、もっと詳しく描写してくれたらよかったのに。
あの説明じゃいまいちピンとこないな。

というか、時計の話をもう少ししようよ?
おやすみガーデンの機能とか、何もわからずに終わったからね。びっくりだよ
あと、会長の時計の名前がわかったくだりとか、会長の時計の機能とか、そのあたりも触れればラストがもっと盛り上がったのに。
会長が深咲の時計を奪いに来なかったのは、一般人に時計の話を聞かれないようにするっていう掟を破らずに深咲と時計の話をするのが無理だったから、って解釈でいいのかな。

仕方ないので、少し時計についてまとめてみよう。

---

「おもいでアルバム」 進藤智
機能 以前写した写真の、今を写し見ることが出来る
備考 まっくろ新聞とおやすみガーデンと組み合わせることで、時任七穂の時間を解凍できた。

「まっくろ新聞」 止山ふみ
機能 七不思議の機能に、条件を1つ付加することが出来る
備考 おもいでアルバムと組み合わせることで、野良まっくろ新聞を更新できる。

「おやすみガーデン」 (進藤智)
機能 ?
備考 時任七穂の時間を凍結していた。写真にノイズを混ぜる?昔話をしたくなる?

「びくびくオオカミ」 灘優姫
機能 ?
備考 時計塔と関係している。時間停止系の機能がある?

「かいぶつひつじ」 リドリィ
機能 ?
備考 音楽で人を無力化できる

「こまったチクタク」 グエン → 遠近深咲
機能 現時点の記憶と未来の記憶とを交換出来る
備考 交換した未来の記憶とは、最も蓋然性の高い未来を指す。

「まっしろ死神」 古宮エリス
機能 掟破りの者の記憶を消すことが出来る
備考 他六種類の時計の能力も、ある程度使える。

なお、時計は学園内でのみ使用できる。
また、一部の時計は、効果は9~19時、一日一回などの制約がある。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
七つのふしぎの終わるとき

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/249-87402ac0