未来ノスタルジア まとめ

--- シナリオ ---

メインは普通の学園モノ。
時間を超えたりする超能力設定はスパイス。
そこをはき違えて始めると、がっかりする。
私は少しがっかりしました。

全体的な完成度は今ひとつか。
論理的な設定はキチンとまとめてきているけれど、その他が少し粗い気がする。
こういうイベントが起これば良かったのに…とか、こっちのキャラの感情については語らなくていいのかな?とか、そういうところがツッコめてしまうね。

割と予想通りの展開になってしまことが多いのも、少し退屈。
あとは、全体的なボリュームは大きめなのに、日常シーンが多いね。
そのせいで冗長な気がしてしまう。
そういうほのぼの系が好きなら良いんだけどね。

笑える要素は比較的多かったと思う。
そういう意味では楽しかったよ!

個別ルート評価
伊織 ≧ 杏奈 > 詩 >> 野乃 > 日奈乃

杏奈ルートは正直期待しすぎていたので、反動で評価が低くなってしまった。
逆に、杏奈がいない世界でのメインヒロインが伊織だったのには少し驚いてしまったので、逆に評価が高め。

オススメ攻略順
日奈乃 → 野乃 → 詩 → 伊織 → 杏奈

杏奈ルートは他4キャラを攻略しないと解放されない。
日奈乃と野乃と詩はこの通りでなくても良いけど、この順だとだんだん物語の核心に迫れる展開になる。
ただ、日奈乃ルートが退屈すぎるので、いきなり日奈乃ルートを始めると、モチベーションが保てない危険があるね…。

--- キャラクター ---

キャラ萌えゲーとしては一級品。
みんな可愛いし、絵も上手い。
立ち絵の種類と表情が多くて、一文の間でも表情がコロコロ変わるのも、見てて楽しいね。

私のお気に入りは、伊織>杏奈>詩>かなた 。
双子?なんかいたねーそんなの。
何度でも言うけれど、妹は一人にして、かなたルートを作るべきだった。
かなたは詩を超えるポテンシャルを秘めた女の子だと思うんだ!
ちょっと冷遇されすぎでしょう。

あと、男友達の冬弥の出番がなさ過ぎた。
親友と言う割に、シナリオには全く絡んでこないし。
冬弥をもっと活躍させれば、シナリオの厚みが増したと思うんだよね。

--- 絵 ---

立ち絵もCGも背景も、文句の付けようがない。
背を向けている立ち絵が全キャラに装備されているのも珍しいね。
そういえば、変わったデザインの多い二次元の学校の制服だけど、このデザインは私的制服ランキングでも五本の指に入る可愛さです!

ここで特筆すべきは背景。
桜吹雪とか噴水とか湖面とか、背景がアニメーションになっている。
スゴイよね、そのうち通行人とか動き出すんじゃないだろうか。

また、通常背景の使い方も工夫している。
普通は一枚絵にしてしまうような構図のシーンを、背景と立ち絵キャラを上手く馴染ませるようにしていたり。
よく考えてるよね。

--- Hシーン ---

全キャラ、HCG3枚×3シーンの法則を貫いてきた。
そのスタンスさえ分かれば、見てるほうとしても安心できるよね!

ちなみにめっちゃ実用的だと思います。
絵が上手いから、濡れ場もいっぱい使う気になれるよね!
各キャラ2回ずつ抜いていったら、とても疲れました。

シナリオはおまけ、抜きゲーとして使うのでもアリなレベルかも。
とは言えシナリオが長いから、そこまで辿り着くのが大変かも。
おっぱいゲーなので、巨乳好きのひとは是非どうぞ。

--- その他 ---

声優
メインキャラは上手いけど、ちょこちょこ違和感あるひともいた。映さんとかね。
野乃と日奈乃の声はすぐ飽きた。
詩の声、桃井いちごはいろんな表情の声があって良いね!
杏奈の声、風音はやっぱり安定。
伊織の声、井村屋ほのかは個人的にとても好みでした。

音楽
出来の良いのと悪いのの差が激しい気がする。
日常シーンでよく使われるようなのは、すぐ聞き飽きちゃうね。
杏奈と伊織のテーマはとても良かった。

オープニングとエンディングは普通かな。
オープニング・ムービーは出来が良いよね。

システム
とても優秀。
通常考え得る全てのコンフィグ項目があるんじゃないかな。
セリフの文字色を各キャラごと好きな色にグラデーションさせられるのとか、初めてみたよ!

セーブデータの管理方法にもギミックがある。
1ページにつき24個セーブ枠があるのだけれど、ページごとにキャラのアイコンがついている。
つまり、各キャラルートごとにページを分けてセーブできちゃうんだね。
24個×7ページ(5キャラ+2その他)の188個もセーブ枠があるのも嬉しい。
セーブデータにコメントは付けられないが、22個のアイコンを2つまで付けることができる。

また、キャラのセリフを吹き出しのようにそのキャラの近くに出せる。
今までの紙芝居型ADVが挿絵付きの本を読んでいるようなものだとすれば、このシステムだとマンガを読んでいるような気分になれる。
背景の使い方と合わせて、そういうところが非常に手の込んだ作りになっている。

あと、タイトル画面で放置しておくと、デモプレイみたいなノリでキャラ同士の絡みが見れちゃう。
本編には収録されてない話だから、気になる人は放置しておいてみよう。
全部で9種類あるらしいね!

--- 評価 ---

シナリオは微妙、キャラは可愛い。
よく分からないけど、初心者向けエロゲーというジャンルなんだと思う。

すごく丁寧に作られているのはわかる。
わかるだけに、話自体がもっと面白かったらなぁと、残念でならないね。

あと、主人公がツッコミ以外基本的に何もしない。
エロゲーの主人公にこんなこと言ってもしょうがないんだけど、なんでモテてるのかわからないレベル。
それと、何度でも言うけど、かなたんが攻略キャラじゃないのが惜しすぎる。
悔しいので★2評価にします。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/244-d546d4f7