BACCANO! -バッカーノ!- 14~16話+まとめ

--- 14話 グラハム・スペクターの愛と平和 ---

番外編・上
フライング・プッシーフット号の後日談と、ラッドとジャグジーの過去に絡むグラハムの話。

グラハムはずいぶんイッちゃってるキャラだったなぁ。
カッコいいようなカッコよくないような…

--- 15話 高級住宅街に辿り着いた不良少年たちはそれでもいつもと変わらない ---

番外編・中
ジャグジーとジャグジーたちに拾われたシャーネ、そしてグラハムの話。

理解不能な話をしよう。
理解できないということは、人間の営みにおいて……どういうことだ?理解できないなぁ。
まぁいい、そんなものは考えるだけ無駄だ。

グラハムは実はめっちゃ面白いんじゃないか?
シャーネはスゴく気になっていただけに、レイルトレーサーとの後日談があってとても嬉しいよ。
理解できないけど、すごく求愛されていた。
ちなみに私は新しい白いドレスより、今までの黒いドレスのほうが好きだよ!

--- 16話 物語に終わりがあってはならないことをキャロルは悟った ---

番外編・下
シャーネに恋するレイルトレーサー、彼と会うレイチェルとチェス、その他1711年メンバーの話。

レイルトレーサーのキャラってこんなんだっけか!
チェスのビビり具合にはわろてしまった。
シャーネも可愛いよね!

1711年の船に乗っていたひとたちの後日談も盛り込まれてたね。
悪魔はずいぶん身近にいたんだなぁ!
ルーアの話がなかったのが残念。
ラッドが刑務所送りになってしまったから仕方ないか。

1話の副社長とロリっ娘で締めてきたのも良かった。
こういう終わらせ方って好きだなぁ。
グリザイアの果実みちるルートの終わり方もこんなだったよね!

--- まとめ ---

普通のアニメとは違った作り方になっているのが斬新な作品。
そして、とにかく全編通してオシャレだね!特にオープニング。
映画スナッチのパロディらしいんだけど、スナッチは観たはずなのによく覚えてないので、もう一度観ることにしました。
オープニングの途中で、今回の話の下地になる今までの話がハイライトで入るのもとても良いね!

群像劇というと登場人物がすごく増えてくるイメージがあって、この作品も例外ではない。
けど、バッカーノ!の登場人物はみんなキャラが立っているね。
みんな魅力的で、誰しもが主人公になれるレベル。
特に女の子がみんな可愛いよね!

低俗な話だけど、物語を魅力的にするのに可愛い女の子ってとても重要だと思うんだ。
一押しはシャーネかなぁ…ルーアも捨てがたいけど。
カップルならアイザックとミリアで間違いない。

ストーリー自体は大したことないのに、作品の完成度はとても高い。
演出や構成がとても素晴らしいのだね。
ただ、エンディングが全く印象に残らない。
これだけはちょっと残念かも。

まとまった時間が出来たときに一気に観たい作品。
大満足の秀作認定、★4評価です。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
バッカーノ!

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/241-f5869527