BACCANO! -バッカーノ!- 1~6話

カッコいいアニメ枠でオススメされた一作。
オープニングはオシャレなことで有名だね。
映画スナッチのパロディらしい。
スナッチは観たはずなんだけど、全然思い出せないなー

--- 1話 副社長は自身が主役である可能性について語らない ---

たぶん、物語の導入。
明確な主人公のいない群像劇なので、登場人物がいっぱい出てくる。
ひとの名前が覚えられない私にはなかなかハードルが高いぞ。

新聞社のロリっ娘が言ってた1930年の事件っていうのが根本にあるのか。
きっと、ふたりくらいいた撃たれても死なない不死身の男のことかな?

--- 2話 老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する ---

1931年、事件が起こったフライング・プッシーフット号での話。

メインの登場人物は、アホのカップルのアイザックとミリアと、火傷跡?刺青?が目立つジャグジーとニース。
どっちも強盗が職業らしい。
列車には新型爆弾が積まれていて、みんなそれを狙っているのかな?たぶん。
幽霊とか不死とか、怪しい単語が怪しいヤツらの間で飛び交っていたけど。

ミリアの声にすごい聞き覚えあるなーと思ったら、キョンの妹だった。
ふたりは1話でちゃんとニューヨークに着くシーンがあったから安心だね!

--- 3話 ランディとペッチョはパーティの準備で忙しい ---

フライング・プッシーフット号の続きと、マフィアとか妹とかが追ってるダラス・ジェノアードについて、それと不死身の薬を作った爺さんの話。
時系列も登場人物もバラバラだから、あらすじなんか書けないよ!
サブタイトルのふたりは火事を起こしただけのモブキャラだあ

3つのグループが同時に食堂車を襲ったのはわろてしまった。
ジャグジーとニースの仲間が食堂車を襲おうと思った経緯もすごかったね!
こういう小ネタが効いてるのってすごく好きだなぁ。
アイザックとミリアがアホすぎるのも好き!

--- 4話 ラッド・ルッソは大いに語り大いに殺戮を楽しむ ---

白タキシードの殺人狂ラッドが列車に乗る経緯と、フライング・プッシーフット号の白黒の戦い、それと不死身の薬を作った爺さんと依頼主、そしてその使いのエニスの話。

ラッドみたいなキチガイキャラも嫌いじゃないけど、その恋人の女の子のほうが気になるなぁ。
女の子のほうが屈折したキチガイの気がするよ?
相変わらずミリアはアホかわいい

--- 5話 ジャクジー・スプロットは泣いて怯えて蛮勇を奮う ---

顔に刺青をしているジャグジーの蛮勇と、不死身の薬を巡るエニス、マフィアに入るフィーロ、黒服一味視点でのフライング・プッシーフット号に忍び寄るナニカの話。

ジャグジーが強いって言うより、頼れる仲間がいっぱいいるっていうことなのかな。
でもそのリーダーになれるんだから、何らかのカリスマがあるんだろうか。

不死身がいるあたりでちょっと気付いてたけど、結構SF色も強いんだな。
なんだあのバケモノは!
あ、人を吸い込むジジィもバケモノじゃん!

--- 6話 レイルトレーサーは車内を暗躍し虐殺をくりかえす ---

不死薬を知らずに奪ったダラス・ジェノアードのその後と、ジェノアードと対立するマフィア・ルノラータに攫われる妹イブ、アホカップルと出会うエニス、ジャグジー視点でのフライング・プッシーフット号での話。

ダラスの小物臭がすごいね。
自白剤的なものを射たれてしまっていた。

列車内はカオスだねー。
ラッドたち白服も、黒服とジャグジー以外のナニカがいることに気付いたみたい。
それでも走り続ける列車。こわい
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
バッカーノ!

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/238-58df420e