ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 11、12話+まとめ

--- 11話 アンダーワールド ---

ミナの決意と、アキラと三支族の刺客とのバトル。

ミナには嫁入りを延期する代わりに、純潔審問を受ける義務があった。
純潔審問とは、ミナが純潔を保っているか、平たく言えば処女膜が破れてないか調べること。
なかなかエグい話だなぁ。精神的レイプみたいなものだ。
実際、三支族の当主もそのつもりで審問をミナに強要しているようだし。
いくら吸血鬼の王と言えども、女性であるというだけで結局は誰かのモノになるしかない。
ミナはそんな自分をアキラに見せたくなくて、遠ざけていた。

ミナが悪意に晒されていることを知り、アキラはショックを受ける。
しかし、自分は自分の戦いを勝ち抜くからミナも負けるなというメッセージを届けてもらう。
それを聞いたミナは、レイプのショックから立ち直り、三支族の賭けに自分も乗ることに。
アキラが無事戻ってこなかったら、自分の全てを差し出すと。
これ、ミナが勝ったときの条件がよくわからなかったな。
まぁどうせ12話で明らかになるだろ。

アキラは刺客と戦うも、やはりミナのショックが抜けきらず、狼に顕身できなくなってしまう。
そこを助けてくれたのがメイレン。
彼女もアキラ同じように獣に顕身する一族だった。
だから、吸血鬼よりもアキラに近く、アキラのことをあんなに気にかけていたんだ。

メイレンは、決して結ばれることのないミナへ想いを寄せるよりも、心から解り合うことのできる自分と付き合おうと誘う。
けれど、アキラはミナへの想いを断ち切ることはできない。
そして、その想いで刺客をひとり倒す、が、アキラも重傷を負ってしまうのだった。

--- 12話 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド ---

最終話、思い出した記憶と、刺客とのバトルの続き。

重傷を負ったアキラは、ミナに恩義を感じている牙無したちに助けられていた。
そこで忘れていた最後の記憶を取り戻す。
1年半前に見た光景、ミナそっくりの器と、ミナそっくりの少女。

牙無しが言うに、アキラは薬を飲まされていたので顕身できなかったらしい。
そして、一服盛れたのはメイレンのみ。
メイレンはテロメアからの刺客として紛れていた。
他のふたりの刺客はずいぶんあっさり倒されたんだな。

メイレンが仕えるのは、アキラが忘れていたミナそっくりのお姫様。
その方がテロメアの正体だった。
同じヴァンパイアに仕える一族、姫を裏切れるはずがないことは互いにわかりきっていた。
アキラはメイレンに重傷を負わされるも、腕を切らせて胸を抉り、勝利を得た。
「でも、少し嬉しい…。誰かの腕の中で死ねるなんて、思ってなかった…から…」

ミナは賭けに勝ち、三支族はツェペッシュ家に服従を誓った。
これでふたりを邪魔するものは何もない。
花に恋する蝶は、泡沫の幸せを手に入れるのだった。
「踊ってくれるか、アキラ」

--- まとめ ---

これは、一つの絆の物語。
偉大な魔物の女王と、彼女に全てを捧げたひとりの少年の、永遠の絆のおとぎ話。

吸血鬼を題材としたロー・ファンタジーものとしては、かなり現実志向な作品。
設定に破綻がないように細かく考えられているし、また問題を解決する際も超能力や奇跡などに頼らず、現実的な手段で解決しようとしている。
私としては、「想い」や「情熱」で問題を解決してしまうファンタジーはあまり得意じゃないので、こういうのは結構好き。

そもそも吸血鬼っていいよね。
この世界の吸血鬼だと、血を吸われると自分も吸血鬼になってしまうので、おいそれと吸ってはもらえないけれど。
ミナのチラリと見える牙とか、とっても官能的だね!

しかも、ミナは肉体的には歳を取らず、もう何百年も生きているらしい。
これはロリババァのジャンルじゃないですか。
私はとても好きなんですよね。
どうしてロリで成長が止まってしまったのかよくわからないけど。
三支族とかは普通にオッサンだったのにね。

---

永遠の時を生きる女の子と、刹那の時を生きる男の子の恋物語。
もう語るまでもなく切ない話だよ。
ふたりが一緒にいられる時間は刹那だけど、この誓いは永遠だから。

語りが全話通して由紀なのも良いと思います。
由紀が語りながらどんなことを考えているのか想像すると…うん、だいたい切なくなっちゃうね。

シャフトのシャフトっぽい演出も良いアクセントになっていた。
7話のミナとアキラが対峙するところとか特にそうだね。
エグい内容も普通にあるのも好印象。

あと、色彩設計とキャラデザインが良かった。
なんか妙にエロいんだよねー。
そのせいでメイレンが異常に気になる。かわいい

バトルシーンのクオリティは普通かな。
特筆すべき点は特になかったと思います。
吸血鬼系ファンタジー作品枠、安定の良作★3評価です。
観るならエログロシーンに修正の入ってないBD版がオススメ。
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/235-d5485391