キラ☆キラ カーテンコール Second stage+まとめ

カーテンコール2章は、HAPPY CYCLE MANIAで活動している村上がメイン。
スタンスは原作きらりルート1の、鹿之助の苦悩とちょっと似てるかな。
ただ、登場人物が増えたせいで色んな人間関係が絡み合っている。

村上のロックンロールに対する情熱とハピマニの復活、1章主人公の宗太と結衣の再会、和樹の病気、そして初代第二文芸部、いろんな要素を詰め込んできた。
全ての登場人物の後日談を盛り込んだ大団円を目指したんだな。

村上とミル、宗太と結衣の感じは結構良かったと思う。
村上の「ロックンロールは、熱いハートだぁ!!」からエンディングが流れるのはとても良かった。
エンディングでキラ☆キラを持ってきたのはちょっと驚き。

しかしエッチシーンがないとはどういう了見か。
アキのがないのは許す、フラグたってないし。
でも正直ミルのは期待していたよ!
確かにあの流れだと相手が村上だから…っていう葛藤はあるにせよ、そこだけは村上の声をオフにするから見せて欲しかったなぁ。

---

宗太の「ステージを見ろ!」のセリフからエンディングだと、一貫性がない気がする。
和樹の作った曲にそういうメッセージがあるのかと思っていたのに。
好意的に解釈すれば、キラ☆キラの2番歌詞がメッセージになっていたと思えなくもない。

  「もしいつか大切なものを隠されても
  きっと探し続けてくれると信じてる。
  でも幸せは握ってないと逃げちゃうから
  いいよ?あなたはあなたの未来を歩いて行って、」

  「振り向かないで。」
  違うってば!!

  君じゃなきゃ 君がそばにいなければ
  僕はただのおもちゃ
  いつまでも音を鳴らして続けてる
  壊れかけのJUNK
  だから夢と一緒に君を連れてく
  エンジンが止まるまで
  世界の果てへ

以下まとめ。

---

シナリオ
大筋は悪くはない。
和樹の病気とか、結構ベタな展開だなーって思ったけど、2章でちゃんと回収してきたから良かったよ。
大団円を目指しただけあって、お決まりの展開になりがちなのは仕方ないか。

登場人物がもっとロックンロールに打ち込んでいる姿を見せて欲しかった。
原作はそういうのがとても楽しかったのに。
スーパーでのゲリラライブしかり、ツアーしかり。

伏線を回収しきれていないのはちょっと痛いかも。
宗太の告白とかね。
いちおう結衣がメインヒロインなんだから、そこだけはしっかりするべきだったのでは。
宗太が「太陽になる!」って言ってたのは、ちゃんと回収したことになっているのだろうか。
せっかくの主人公なんだから、もっとガツンと太陽にしてやればよかったのに。

音楽
原作が神懸かっていただけに、やや残念だった。
というか、たぶんネタ不足なんだと思う。
少なくとも、2章で和樹が作った曲だけは、結衣に対するラブソングとして実装するべきだったと思うんだ。

そのせいで、ライブシーンも少ない。
せっかく曲がある二代目第二文芸部の学園祭のライブシーンは、もうちょっと本格的に作っても良かったんじゃないかなぁ。
エンディングは1部2部とも良かった。2部はやはり神

他の曲も、原作に比べるとちょっと見劣りしてしまうかも。
原作のは神曲揃いだったのになー。

BGMは相変わらず良いね。
新しく入ったBGMも悪くないと思う。
ちょっとロック色は薄くなったかなーとは思うけど。

キャラクター
一本道で結衣しか攻略できないのに、この項目は意味があるのか。
新キャラはみんな良かったよ。
男キャラも含めて。

ミルと麻里が攻略できないのはなぜだ!
分岐作って攻略できるようにするべきだろう。
絵は原作より可愛くなっている気がする。

声優
良。
ミルの声は好きだった。
ああいう声質がタイプなのかもしれない。
クレジットにはないけど、井村屋ほのかっていう人だという噂。ふむふむ

2章で実装された宗太の声優は上手かったね。
祐子の声も聞き覚えあるんだよなー。誰だっけ?

Hシーン
1回しかなかった。えー
分岐ナシの一本道だから仕方ないとは思うんだけどさぁ。
ちょっとがっかりだよ!
あ、その1回はなかなか良かったです。

システム
原作のノベライズ形式からアドベンチャー形式に変更された。
どっちでもいいけど、なんとなくノベライズ形式を残して欲しかったかなーって気はする。
その他は原作と一緒。
次のセリフ再生時までセリフを止めないオプションがついたのは評価。

---

やや消化不良の感があるゲーム。
ボリュームが少ないのはファンディスクだから目をつぶるにしても、分岐なしの一本道なのは残念。
1章で結衣ルートを選んだときだけ2章に進めるようにしたら良かったのに。

ライブシーンも少なかったなぁ。うーむ
やっぱり曲不足なのかな。

登場人物の絡みはそれなりに面白かった。
予定調和とはいえ、初代第二文芸部とハピマニの大団円は良かったね。
原作が楽しすぎたせいで評価が辛くなってしまっているかも。
カーテンコール単体では★3評価、キラ☆キラ全体では変わらず★5評価です。
関連記事
category
ゲーム [★★★★★]
キラ☆キラ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/207-b002b9b6