たまゆら~hitotose~ 6、7話

6話 それはいつかの日のこと、なので / そしてある日のこと、なので
麻音の口笛についての回。
前半は、幼稚園時代に口笛を覚えるきっかけになった話。
後半は、口笛がきっかけで麻音とのりえが友達になる話。

私は口笛は吹けないし、憧れたこともないからかもしれないけど、あまり口笛って上品なものじゃない気がする。
音程が安定しないのもなんだかとても気持ち悪いし。
それは麻音の口笛が下手なせいか?
どうせ音楽的なことをするなら、せめてハーモニカとかにすれば良いのにね。

それはともかく、おかっぱな中学生の麻音はとても可愛いね!

7話 竹灯りの約束、なので
楓とお父さんの、竹祭りの憧憬の路を見る約束を果たす話。

雨が降って中止になりそうになったり、結局止んだり。
灯籠のメッセージは良かったね。
お決まりと言えばお決まりだけど、ちょっとうるっと来てしまった。

「いろんなことをたくさんおしえてくれてありがとう 天国でも体に気をつけてね」
「あなたと過ごした時間 ずっとずっと宝ものです ありがとう」

昌子さんのメッセージは誰に宛ててのものなんだろう。
恋人と死に別れたりでもしたのかなぁ?
エンディングで号泣してたよねー
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/203-270aacfb