マリア様がみてる ~春~ 11~13話

11話から13話までは、祥子さまと祐巳のスールの関係の話。

遊園地デートの約束を何度も反故にし、その時間に瞳子と会っている様子の祥子さま。
祐巳は祥子さまが自分より瞳子を気に入ってしまったのではないかと危惧する。
そのうち祥子さまは学校を休むようになり、ふたりの距離はどんどん離れてゆく。
実際は祥子さまのお祖母さまが病気で、その看病などで祐巳に構っている余裕がなくなってしまっていたのだけれど、祐巳はお姉さまにフラれるのではと思い悩む。

恋愛ではありがちなシチュエーションで、しかもこのパターンはだいたいフラれる展開なので、見ていてとても切なかった。
祥子さまが祐巳から心が離れていくことなんてないってわかっていてもね。
梅雨で雨ばかりなのも、気持ちを暗くするね。

祐巳は正直よく頑張ったと思う。
最初の落ち込みようは見ていられなかったけど、そこからの立て直しはすごい。
普通は瞳子に当たったり、完全に避けたりしてしまいそうなものだけど。

祥子さまの言い分もわからないではないけど、やっぱりちゃんと言うべきだったよね。
三度目の遊園地デートの約束を取り付けようとした祐巳への、あの言い方は辛いよ。
時間が押しててちゃんと話ができなかった、ってのもあるだろうけど…。

でも、最後はちゃんと仲直りできてよかった。
祐巳がいつでも元気だって言っても、やっぱりちゃんと構ってあげないと不安にもなるよ。
きっとこれからの紅薔薇姉妹は、もっとラブラブになっていくに違いないですね!
関連記事
category
アニメ [★★★★★]
マリア様がみてる

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/180-f9a272a6