魔法少女まどか☆マギカ 1~6話

未だにブームは冷めないまどマギ。
BD版を手に入れたので2周目を観ることに。

1周した段階では、お気に入りはマミさん、次いでほむほむ。
2周目いったら杏子とか好きになったりするんだろーか。

--- 1話 夢の中で逢った、ような…… ---

オープニング前は、前回の対ワルプル戦なのかな。
ほむほむのループにどういう終わりがあったのかうろ覚えだ。

それ以降はわりとほのぼの。
ほむほむが転校してきて保健室に行くシーンの、ほむほむの口元を映すカットはなにを表現しているんだろう。
前回もまどかを守れなかった不甲斐ない自分への怒り?
毎回魔法少女になっちゃう愚かなまどかへの憤り?
今回こそは守ってみせるという決意?
うーむ。

そして相変わらずマミさんはとってもカッコいい。
「飲み込みが悪いのね、見逃してあげるって言ってるの」

どうでもいいけど、マック的なところに行ったのにさやかちゃん残しちゃうんだね。
もったいないなー。

--- 2話 それはとっても嬉しいなって ---

マミさんの魔法少女体験コース第一弾。
廃ビルで薔薇園の魔女、ゲルトルートを倒す。

マミさんは相変わらずカッコいい。
言われているとおり、戦闘センスが若干厨二病であることは認めざるを得ない。
でも本人中三だしいいでしょ!私は好きだよ!
「未来の後輩に、あんまりカッコ悪いところ見せられないものね!」

ほむほむはまだミステリアスな存在。
まどかに「どんな願い事をして魔法少女になったの?」って聞かれたときの心情を察すると、なかなか切ないね。

さやかの幸せボケの話は、なかなか核心を突いているね。
命を賭けてまで叶えたい願い。
でも女子中学生にそんなものないのは当然だと思う。
世界は希望に満ちていて、自分たちの前には明るい未来が広がっていると盲目的に信じることができる年頃だもの。
まどかもさやかも、そのことで自分を責める必要なんてないんだよ。

--- 3話 もう何も怖くない ---

魔法少女体験コースの続き、そして巴マミの死。
上条恭介の入院している病院で孵化した、お菓子の魔女シャルロッテによって。

初見でマミさんが死んでしまったときはマジで焦ったね。
確かに「今日という今日はソッコーで終わらせてあげるわ」「もう何も怖くない」は死亡フラグといえばそうなんだけど、普通はまどかが魔法少女になる前フリだと思うよね。
アニメのタイトルもまどかって言ってるし。
マミさんはいつも強くてカッコよかったのに…かなしい。

ほむほむはもうちょっと温かくてもいいんじゃないかなあ。
それがほむほむの魅力でもあるんだけどさ。
冷たく現実を突きつけることで、魔法少女になろうなんて思わせないためかな。

マミさんが死ぬことで、願いを叶える代わりに背負うリスクが実感できてしまった。
目を見開いたままただぽろぽろと涙を零すまどかが可愛そうすぎる。
これから一緒に魔法少女として戦おうって約束したばっかりだったのにね。

--- 4話 奇跡も、魔法も、あるんだよ ---

マミさんの死を引きずるまどか、恭介を絶望から救おうとするさやか。

生きているときから、そして死んだあとまで誰にも知られることなくひっそりとその生を終えた巴マミ。
そんな悲しすぎる死を目の前にして、まどかもさやかも魔法少女になることをやめた。
はずだった。

恭介の絶望、それを希望に変えたいと、自分の命を賭けてさやかは魔法少女になった。
マミさんが言ってたよね、「誰かの願いを叶えたいのと、誰かの願いを叶えた恩人になりたいのは違う」って。
本当に純粋に願いを叶えたかっただけでも、そのうち気持ちは変わってしまうこともあるし。
さやかのオチを知っているだけに、悲しみを抑えきれないな。

--- 5話 後悔なんて、あるわけない ---

魔法少女さやか☆マギカ回。

さやかがマミさんと同じように死んでしまうんじゃないかと心配したまどかは、ほむらにさやかの力になってくれるよう頼む。
けど、ほむらはそんなことをしても無駄だとハッキリ言う。
それでもさやかが心配だから一緒にパトロールにいったところで、杏子が登場しバトルに。
ふたりの争いを止めようと、まどかが魔法少女になろうとしたとき。
 ほむら「それには及ばないわ」

とりあえずほむほむの登場の仕方がかっこよすぎる。
さやかの願いは、恭介のバイオリンをもう一度聞きたい、だったのかな。
恭介の一番近くにいられることは、ケガとは関係なく信じて疑っていなかったんだね。

--- 6話 こんなの絶対おかしいよ ---

魔法少女さやかの正義の話と、ソウルジェムの秘密が明かされる回。
だんだんキュゥべえの黒さが見えてきて楽しい。

さやかはみんなを魔女から守るために魔法少女になった。
その魔女より危ない存在がいたら、魔女以外とも戦う。
たとえそれが同じ魔法少女であっても。

理屈としては正しい。
けど、正しいことをすればするほど、どんどん酷いことになっていく。
そう話すまどかは、すこし大人になったようにも見える。
正しいことばかりじゃ生きられない、間違えることだって必要。
でも、まどかにとっての間違えは取り返しのつかないことになることは、きっとまどかにもわかってるんだよね。
一度魔法少女になったら、もう戦い続けるしかないんだから。

杏子とさやかが戦いそうになったところで、まどかはソウルジェムを放り投げる。
そして倒れるさやか、茫然として言う杏子。
「どういうことだオイ、こいつ死んでるじゃねーかよ…」

キュゥべえじゃないけど、魂の在りかはそんなに大事なんだろうか。
心が胸にあるわけじゃないってわかってはいるのに、悲しいときに胸がいたくなるようなことかな?
でもまぁいきなり自分の魂はこの宝石だからって言われたら、えっ?ってなるか。
確かに効率的ではあると思うんだけどね。
関連記事
category
アニメ [★★★★★]
魔法少女まどか☆マギカ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/171-6b76507c