劇場版 空の境界 第六章、第七章

第六章 忘却録音  1999年1月
黒桐幹也の妹、鮮花の話。
記憶を奪う妖精の事件と、その裏で鮮花の幹也に対する気持ちが描かれる。
鮮花萌え回でもある。

鮮花の学校は魔術師を育てる学校なのだろうか。
3章の藤乃も同じ学校だったな。
てゆーか鮮花強いな。なぜ幹也だけ凡人なのか?

---

第七章 殺人考察(後)  1999年2月
2章のその後、式の昏睡と織がいなくなった原因、連続殺人事件の種明かし。
やっぱり式は人殺しじゃなかった。
魔術関係の話は相変わらずよくわからない。
織が死ぬシーンはちょっと好きだなぁ。

でも2時間モノは気合いを入れて見始めないと眠くなっちゃいます。
最後キスするかと思ったのに違うのね!

てゆか先輩も殺すならもっと違うところ刺せばいいのに。
殺すつもりはなかったのかな…可愛い後輩だしね。
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
空の境界

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/15-82269a49