Fate/Zero 4、5話

--- 4話 魔槍の刃 ---

セイバーvsランサーのバトル回。
相変わらずのクオリティを保っていた。
特にランサーが宝具を解放した直後のセイバーの防戦具合がやばい。
演出がステイナイトと全然違う。
カッコよすぎるよー!

ランサーのマスターは、ウェイバーが聖遺物を盗んだ教授、アーチボルトとかいうやつだった。
すんなり登場する前に盗まれたことに対するマジギレシーンとかないのか。
ランサーの正体は、ケルト神話に出てくるディルムッドという人らしい。知らない

初戦からセイバーが苦戦している。
これはやはり正しいマスターがそばについていないせいなのか?
それともランサーがそこまでのやり手なのか。
とにかく、セイバーの可愛さがステイナイトより格段に上がっているのは間違いない。

ライダーは相変わらず惚れ惚れする覇王っぷり。
こういう自信に裏打ちされた上から目線って大好き。
自分から真名名乗るとかなかなかないよね!

--- 5話 凶獣咆吼 ---

バトル回の続き。
セイバーvsランサーに乱入したライダーの元に、アーチャーとバーサーカーまで集まる。
アーチャーvsバーサーカーのバトルのクオリティには狂気すら感じた。
それともこれが新時代のアニメーションだというのか。

アーチャーは令呪によって撤退。
バーサーカーの暴走はセイバーに向き、ランサーも令呪によってその加勢を命じられる。
が、そこで出てくるのは男前なライダー。
しかしセイバーの手傷は、ライダーを倒すまで治癒しないのか…。
セイバーはのっけから相当な苦戦だなぁ。

今回ようやくアーチボルトのマジギレシーンいただきました。
しかしそれを庇うライダーがやっぱり男前。
桐嗣がいまいち出番がないのがやや残念。

次回は期待のキャスターの出番がありそう!
でもセイバーはあげないよ?
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
Fate/Zero

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/129-347adf1d