スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

Erewhon サエルート

エレホン、3ルート目には、意外にもルートがあったサエを攻略。
過去の記事で、十子は「日常」・稀世良は「非日常」を具現化した存在だと書いたけれど、その延長線で言うなら、サエはエレホンの「闇」を具現化した存在。
そりゃあね、来るか来ないかわからない来訪神のために生娘を二人も用意しておくような価値観を持つ世界なのだから、その世界の底には当然のようにドロドロとした闇が蠢いているわけだ。
(なんてったってCLOCKUP作品だからね、そこいらのヌルい抜きゲーとは違うのだ)

主人公は側仕えのサエと触れ合ううちに惹かれていくのだが、それは彼女が「汚濁の肉袋」「最底辺の奴隷」と言われる存在だったから。
村人はサエを虐げて当然の存在だと認識しており、サエ自身も自分は虐げられて当然の存在なんだと思い込んでいた。
主人公は、そんなサエを救いたい、これを当然だと思う価値観は間違っている、そういった義憤にかられていく。

ストーリー的には、十子を偽装的に嫁と選び、十子にサエを救う方法を相談しつつ、サエとラブラブエッチしちゃうお話。
女性が虐げられがちな村の価値観に疑問を抱いていた十子は、主人公の相談に献身的に乗ってくれる。
そして、祭りの前に被差別層の女性たちとみんなで村から逃げ出す計画を立てる。

---

「ああ、御廻様……そんなに怖がらないで下さいまし……大丈夫ですから……」
「私が責任をもって……お二人を正しい道に戻しましょう……」
「どうか、お心を安らかにしてくださいませ……」
「もう二度と……不埒なことなど考えられないように……なりますから……ね?」


ということで、サエルートは稀世良に躾られちゃうルートとなっております。
悪巧みがバレた主人公と十子は、ドSな本性をあらわにした稀世良ちゃんに、それはもう好き勝手にやられてしまうという。

今回は十子をかわいそうとか言ってられないくらい、主人公もかわいそうなことになっていた。
稀世良をめちゃくちゃにしたいとか言ってたバチがあたったのか、とうとう稀世良にお尻をめちゃくちゃに犯されてしまったしね!
(こういうプレイがあるエロゲーって、実は希少な可能性!?)

まぁでもやっぱり十子嬢が一番かわいそうなことには変わりなく。
今回も輪姦されまくった上、主人公とサエを稀世良の魔の手から逃がすために、自分の命と引き換えにするという。
この子は間違いなくヤラれキャラなのだった……。

---

サエのCVは、瀬名ゆず希。
声質は嫌いじゃないけれど、Hシーンの演技がもう一声。
特にフェラボイスね。ヒマリさんと小波すずさんの気合いを見習っていただきたい。

ちなみに「汚濁の肉袋」なサエ嬢は、当然のごとく処女ではないのだけれど、NTR要素はないのでご心配なく。
(過去に犯されたことがある的な描写も皆無)
そして、おめかししたときのサエ嬢は、このゲーム1の美少女まである。
それなのに、局部はまるで使い込まれているかのような黒ずんだ描写。
このあたりのこだわりが、まさにCLOCKUPなのです!
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
Erewhon

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1121-fd428364

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。