スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

Fate/Kaleid Liner プリズマ☆イリヤ 10話+OVA+まとめ

10話 Kaleidoscope

TV版最終回。イリヤと美遊の対バーサーカー戦。

「約束する。もう絶対友達を置いて逃げたりしない」
「うん、信じる。イリヤのこと。私の大事な友達のこと」


一人じゃ勝てない敵でも、二人の力を合わせたなら倒すことができる。
展開としてはこれ以上ないほどの王道。
だけど、OPを挿入歌にした「パラレル・インクルード!」なシーンは、王道すぎて逆に激アツ。
これが今回のお気に入りです!
(あの空と水面だけの世界って、なにか元ネタがあるんだっけ?)

エピローグも、プリヤらしい萌えコメな日常全開ですばらしい。
美遊とのチューから始まっちゃうからね、最高でしょ!

美遊のいう「友達」が重すぎる件については、2期以降でお話していきましょう。
たぶん「恋人」って書いて「ともだち」って読んでたりするんじゃないのかなーって!
むしろそうであれ

OVA 運動会 DE ダンス!

ダンスシーンに作画全振りな日常回。
YoutubeにFullバージョンのMADがあって、もはや神々しい。
今だったら3DCGで動画を作るのだろうけど、すべて手描きっていうのが、また味があってステキ。
お尻振るカットとか描いてて楽しくて仕方なかったんだろうなぁ……。
(途中、ちょっと等身が高すぎる気がしなくもないけど……)
(Bメロが手抜きなのもご愛嬌)

さて、イリヤのクラスメイトの中でのあなたのお気に入りは誰でしょうか!
私はナナキちゃんが好きです。
糸目のピンク髪ツインテの子ですね!
ぶりっ子なルックスなのに、冷静なツッコミ役ってあたりがたまりません!

というか、やっぱりブルマってエッチすぎますね!?
こんなのを制服としてJSに着せてたとか、狂ってたとしか思えない。
そりゃ盗難だって発生するってもんです(実体験)



まとめ

ひょんなことから魔法の力を与えられ、戦っていくうちに友達ができて、挫折したり諦めたくなることもあったけれど、最後は友情のチカラで勝利する。
単純な魔法少女モノとして見たら、スタンダードな出来。

萌え路線のコメディが楽しいのは、その平凡なシナリオに華を添える。
というか、1話からお風呂回だし、変身シーンにはパンチラあるし、友達とはチューしちゃうし、萌えアニメとしては完璧。
小さな女の子が好きな大きなお友達には、もうこれだけで十分かもしれない。
(というか、このノリは18禁ギャルゲーに通ずるものがあるような!)

けれど、この「プリズマ☆イリヤ」の魅力の本質は、「Fate/stay nightのifである」という点にある。
本来のstay night世界でのイリヤスフィールは、だいたいのルートにおいて救われない死を遂げる。
(アニメにもなったUBWルートでは、ギルガメッシュに生きたまま心臓を引きずり出されていた……)

「誰かがほんの少し優しければ、あの子たちは学校へ通い、友達を作って幸せに暮らしただろう。でもそうならなかったんだよ、ロック。だから、この話はここでお終いなんだよ」

(アニメ「BLACK LAGOON」15話より)


誰かがほんの少し優しかったから、彼女は学校に通い、友達を作って幸せに暮らすことができた。
この作品の本当の魅力は、そんなイリヤの平和な日常シーンにあるのだ。

評価は★4・傑作。
Fate/stay night本編を観てからどうぞ!
関連記事
category
[視聴中] アニメ
プリズマ☆イリヤ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1112-8ca65cdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。