眠れぬ羊と孤独な狼 -A Tale of Love, and Cutthroat- 「眠れぬ羊」ルート

それは、この世の誰にも殺されないという確たる自信を掴むため、誰より臆病な羊としてこの世界を生きていくため、俺が選んだたった一つの手段だった。


CLOCKUPから、またダークなヤツがきたよ!
「euphoria」「フラテルニテ」「Maggot baits」に続く、バイオレンスでスプラッターなシリーズ第4弾!

舞台は新宿・歌舞伎町。
理不尽な死に怯えるあまり殺し屋になるしかなかった「眠れぬ羊」の主人公と、本能のおもむくままに獲物を狩る「孤独な狼」であるヒロイン。
二人は災厄のような出会いを経て、ヤクザやマフィアたちの突きつけてくる圧倒的な現実に巻き込まれていく。

---

ヒロイン・あざみとの「遭遇」は、この作品の最高なシーンのひとつ。
あざみちゃんのシンプルでわかりやすい行動原理が、彼女のヤバさをまざまざと浮き彫りにしてくる。

だいたい、レイプって女の子を痛めつけたいとか、征服欲を満たしたいとか、そういう動機でするものでしょう?
なのに、主人公がしたのはただ自分が生き残るためのレイプだからね、この必死さにあざみちゃんが惚れちゃうのもわかるような気がする!

誰よりも危険で制御不能な殺人者おおかみを、エクスタシーという擬似的な死へと叩きこみ"殺す"。そうすることで、俺は俺自身が最も恐れるものを征服するのだ。


---

今回クリアしたのは、「眠れぬ羊」ルート。
東儀衛に突きつけられた運命の分かれ道で、運命という名の呪いを受け入れた場合のお話。

自分のためにあざみを「利用」することを決めた主人公は、東儀の犬として働きながらあざみを幾度となく「殺し」、安眠を貪っていく。
そんな日々を過ごすうちに、最も恐ろしい狼が東儀だったことに気づき、主人公は自らのために彼を殺そうとする。

主人公の過去にスポットを当てた、いわば「"俺"ノーマルエンド」なお話がコレ。
ストーリー自体はわかりやすいし燃えるシーンもあったけど、美玲ちゃんが……。
いや、さすがにちょっとかわいそうすぎたでしょう!?
黒髪ロングな正統派美少女がレイプされたり腹パンされたりするのは、確かにドキドキするよ?
でもさぁ、物事には加減ってものがあってね?
殺さなくてもよかったじゃない……。

それは、驚くほど突然に誰の身をも襲うのだと俺は知っている。
だから俺は、いつでもそれを恐れながら生きている。

関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
眠れぬ羊と孤独な狼

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1107-2ff90a6b