Fate/Kaleid Liner プリズマ☆イリヤ 1~3話

流し見したけどもう一周して記事を書きたくなったアニメシリーズ



1話 誕生! 魔法少女!

どうやら私はとんでもなく面倒なことに巻き込まれてしまったみたいです……。


普通の家庭で過ごす普通の小学生だったイリヤが魔法少女になるまでのお話。

私利私欲で魔法を使う横暴なマスターだった凛とルヴィアを見限ったカレイドステッキが、純粋な心の持ち主であるイリヤを新たなマスターと認める――
と、こう書けばなんだかそれっぽく聞こえるけど、それをギャグと萌えで押し通してくる新スタイル。
1話からお風呂回だしね!
うーん、あざといくらいの可愛らしさ! これこそが魔法少女!

おっとりあまあま声のCV:門脇舞以なイリヤがツッコミ役っていうのもクセになる。
stay night本編では無垢ゆえの残忍さが際立っていたイリヤが、無垢ゆえの愛と正義の魔法少女だからね!
変身シーンはもはや殿堂入り。

今回のお気に入りは、唐突な変身シーン直後の「っていうかいつの間に外でたの!? ハダカで外でちゃったのぉ!?」からの、凛に気絶させられて変身が解けたイリヤの「……ハダカに戻ってる?!」。
次点で、「私、いま自殺モンの状況なんだ……」。

2話 誰?

半ば騙されて魔法少女になってしまったものの、せっかくなんだから前向きに楽しもう! と思っていたら、突然バトルすることになってしまい、やっぱり騙されていたイリヤ。
ということで、対ライダー戦。

「戦うなんて聞いてないよぉー?!」


今回のお気に入りは、ルビーが魔法の使い方を教えてくれると思っていたのに、やっぱりまた騙されていたイリヤ。

「――イリヤさん、クルっと回って頬に指を当て、ニッコリ笑ってくださーい」
「えーと――こ、こう?」
「いいですねぇ、いいですねぇ! バッチリです!」
「……ねぇルビー、やっぱりなにも出てこないみたいだけど……。それに、バカみたいですっごい恥ずかしいんですけど……?」
「いえいえ、きちんと武器を使ってますよー?」
「――本当に?」
「はい、本当です!」
「――ウソじゃなくて?」
「心外ですねー。ではもう一度、今度はもっとちゃんとしっかりやってみましょう。そしたらイリヤさんにもわかるはずです」
「うーん……そこまで言うなら――」
――きゃるるるんっ、きらきら~☆★☆彡
「ハイかわいい~♡♡♡♡」
「バカにしてるよね!? ルビー絶対私のことバカにしてるよねえ!?」


次点で、超ローテンションのままトイレで転身するイリヤ。

3話 ガール ミーツ ガール

「謎の少女は転校生」な、美遊の正式な登場回。
勉強できる・料理上手・運動神経抜群と、三拍子そろった超人っぷりを見せつけてくる美遊。
その上、会話のキャッチボールはまったく返ってこず、更にイリヤの持つ魔法少女への憧れに不快感を示す。
なかなかに取っつきづらい、謎の美少女っぷりを存分に発揮しておりますね!

「――もういいよ。あなたにとって、これはゲームと同じ遊びなのね? あなたは戦わなくていい。カード回収は私だけでやる」


クラスカードは7枚あり、それぞれに英霊が宿っていて――という、Fateの設定も語られる。
ん? なんでカードなの? という疑問は2期へと持ち越し。

今回のお気に入りは、体操着にお着替え中のイリヤのおヘソ。えっちだ……。
っていうか、体操着がブルマなのはもはや当然としても、ずいぶんとローレグなブルマですね!? いいと思います!!
関連記事
category
[視聴中] アニメ
プリズマ☆イリヤ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1104-8016d79d