ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない Vol.0

ナンバリングでゼロがつけられている今作は、ファンディスクに当たる4作目。
本編には入らなかった日常シーンの詰め合わせ、ショートショート集。
あと、本編の世界観ではありえない、ヒロインたちのHシーン集、各1回ずつ。
(深月と牧浦先生は1H3CGだったのに、時子ちゃんだけは1H2CG。なにこれ、許せないんですけど??)

生前(ゾンビ化前)の時子ちゃんエピソードは、時子ちゃんファン得。
本編では「ゾンビに体液を与えたら無条件で懐かれる」という解釈が自然だった。
けれど、このファンディスクをプレイすると、ゾンビ化した時子ちゃんが懐いてくれたのは生前の素質もあったのでは? という解釈も可能になるのだ! すばらしい

他所のレビューを少し拝見させてもらったけど、それにしても時子ちゃんについて触れている人、少なすぎない?
時子ちゃんかわいいのに……。やっぱりゾンビなのがかわいくないって思われちゃうのかなぁ?
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1102-2c4f11dc