カルタグラ ~ツキ狂イノ病~ 薫ルート

鬱ゲー枠で選んだ1本。
2005年発売とこれもやや古いゲーム。
そのせいで、内容の評判は良いのは知っていてもなかなか手が出なかった。

しかし始めてみれば古さなど全く感じさせないクオリティ。
絵も綺麗だし、システム面も及第、声優も悪くない。
少し特徴的な絵柄な気はするけれど、萌えゲーではないし、昭和20年代の雰囲気を出していると思えば納得できてしまう。

とりあえず、高城七七の声を当てている一色ヒカルがハマり役すぎる。
今まではCLANNADの坂上智代、リトバスの来ヶ谷唯瑚、グリザイアの榊由美子なんかでお世話になっていたけれど、そこまで好きな声でもなかった。
ただ、七七の腹に一物ありそうなキャラのせいか、これはとても良く合っていると思います。
ファンになりそうになったよ。

---

本作は、攻略順が重要なゲームらしい。
ミステリーモノなので、いきなりネタバレルート攻略しちゃうと、きっと興醒めすること甚だしいことになるに違いないよ。

ざっとオススメ攻略順を探してみたところ、
 「 薫 → 七七 → 初音 → 芹・小雪 → 楼子 → 和菜 → TRUE 」
という記述を発見。
とりあえずはこれで進めてみることに。

---

そして、薫ルート。
うん、これはルートというか、バッドエンドだね。
薫が誰なのか分からないまま主人公が囚われて「END」。
正直焦りました。

ちゃんと凛ちゃんを助け出したいよー!
可愛いのにー。
「そしてそれが彼女を見た最後の姿だった…」って言われてしまったから、もう無理なのかなぁ。

次は七七ルート。
出来る妹キャラなナナちゃんなら、きっとなんとかしてくれるに違いないよ!
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
カルタグラ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/110-ad247b9f