ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない Vol.1

やたらとオススメされた、一昔前に流行ったラノベタイトルみたいなゲームをプレイ。
タイトルのイメージから、ナンパでゆるい雰囲気を想像していたけれど、実際は真逆。
状況描写も心理描写もしっかりした、本格パニック映画風シナリオだった。

たしかにタイトル通り、無条件に人を襲うゾンビがあふれた世界で、主人公だけが襲われない。
しかし当の主人公はちょいクズ入っていて、無敵だからっていって困っている人を見返りなしに助けたりはしない。
それどころか、ゾンビに認識されないのをいいことに女の子ゾンビをオナホ代わりにしたり、他の人には入手困難となってしまった食料品をダシに、他の生存者から圧倒的に有利な条件での取引をしようとしたりする。
このクズっぷりに逆にリアルを感じてしまうって、私にもクズ入ってるってことなんですかね?

---

このレビューでスポットを当てるのは、ヒロイン・深月の心の動きについて。

彼女は美少女であり、その容姿をもってして「与えられる」ことが当然の人生を歩んできた少女だった。
餓死寸前のところを主人公に助けられたことについて、もちろん彼女は感謝をしていた。
けれどその感謝は、彼女の人生において幾度となく繰り返されてきた「他者からの貢献」と同じ次元のものだった。
(得意教科でいい成績を取って褒められたとき、ありがとうとは言うけれど、内心ではこんなの当たり前って思ってたりするよね?)

けれど、厭世的で人間嫌いな主人公は、その深月の奥底から透けて見える傲慢さがどうしても許せなかった。
食料が惜しいわけでもなく、深月の体が欲しいわけでもない。
ただ、彼女の思い上がった自尊心を傷つけたいがためだけに、食料と引き換えにした体での奉仕を要求するのだ。

主人公の思惑通り、深月のプライドはズタズタになる。
数日ごとに食料を与えられ、代わりに手での処理を要求される日々。
拒否すれば、あっさり見捨てられ、二人の弟と共に餓死することは理解していた。
けれど、こんなに惨めな思いをしてまで生きていくことを、深月のプライドは許さなかった。

彼女が自分の心を守るには、逃げるしかなかった。
弟と、そして自分を騙し、「もう外は安全になった」「家に帰れば両親がいて、今までみたいな暮らしができる」そう思い込むことで、現実から逃げることしかできなかったのだ。
けれど、外には当然のようにゾンビがいて、彼女たちは当然のように襲われる。
死ぬ寸前のところで主人公に救われた彼女は、そうして気がつくのだ。
本当に自分が自分でいられる、その方法に。

---

このシナリオは、もちろん主人公の軽快で痛快なサバイバル生活を描いたものである。
が、一方、世間知らずの箱入り娘だった深月ちゃんの成長譚でもある。

他人から好意に甘えて生きてきた少女が、一方的に奪われるだけの存在に堕ちる。
しかし彼女は、自分の身体を与えることで、心を守る術を身につける。
そうして身体を重ねていくうちに、二人の間にほのかな温かさがあることを見つけるのだ。

大切な人を奪われ、自分には討てなかった仇を主人公に取ってもらったとき、深月ちゃんの心には強く刻まれたはずだ。
二人の間に、たしかな絆があることを。

---

ちなみに、私が一番テンションあがったのは、時子ちゃんで遊ぶことを思いついたときです!

ところで、血肉で取り戻せるものがあるなら、それって精液でもいけるんじゃないですかね!?
ほら、吸血鬼のばあい、食事は血じゃなくて精液で満足してくれることあるし!
よーし、いっぱい中出しエッチして、時子ちゃんメイドさん化計画!!

あ、1作目の評価は、★4・佳作入選です。
批評空間ベースでは、83点。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1099-2565af68