宿星のガールフレンド -the destiny star of girlfriend- その1(夕里ルート)

「き、君は」
「文字通りのスーパースターよ。
 貴方が夜空を見上げた時、ひときわ大きく瞬いた星、それがアタシなの」


2018年7月枠のひとつ、しゅくガルこと「宿星のガールフレンド」をプレイ。
私はここのブランド「mirai」のファンなのです。
ちなみに、前作「ハナヒメ*アブソリュート!」には☆4評価をつけています!

今作は、最近のギャルゲーに(なぜか)よくあるロープライスの連作モノ。
(たぶん)全3部作な宿ガル1のヒロインは、永遠無窮の輝き・リゲルこと上泉夕里ちゃん。

あ、ちなみに今回も変身ヒロインモノですね!
1メートル以上離れられない事情を抱えてしまった二人が、一緒に暮らしたり敵と戦ったり遊びに行ったりするうちに仲良くなっていくゲームとなっています。
クルくる・ハナヒメと続いてきたバトルミニゲーム要素はなくなりました。

---

夕里ちゃんのキャラを端的に言えば、お調子者で自慢しいな陽キャヒロイン。
おまけに実力も伴っているものだから、調子に乗るのが止まらないという。

「やっぱアタシレベルになるとお供え物が必要よねー」
「夕里は結局自分を何だと思ってるの?」
「ある日、街を歩いている時に突然気付いたのよ。
 あれ? あれれ? 待て。待って…!! この優秀さ。アタシは既に人の域を超えている…?
 ってね! 悟りってこの事よ、にふふ、もぐもぐ」


そんなひたすら面倒そうにも思える彼女だけれど、主人公が夕里ちゃんの単純さに気付いてからは、ラブコメな絡みがテンポよく始まっていくのでした。

---

ということで、このシリーズは主人公とヒロインのラブコメがメインのキャラゲーです。
そして、「いきなり男と同棲」という好感度マイナスのスタートから、だんだんと打ち解けていくプロセスの描き方が絶妙。
まずは、実は昔から主人公から好意を持たれていたことに気がついた夕里ちゃんのリアクションをどうぞ。

「なーんだ!! 照れちゃって!! 早く言いなさいそれを。じゃあ上下関係はこれにて決着ね。常にアタシを敬い、1日に10回は天才と褒め称えなさい!!
 そうすればウィンクぐらいはしてあげるわよ」


プライドの高い夕里ちゃんは、常日頃から主人公にマウントを取ろうとし続けているせいで、ちょっとした告白になるはずのシーンがもはや別次元のギャグシーンになってしまうのだ。
この夕里ちゃんのネアカさを利用したHシーンへの入り方は、特筆すべきすばらしさ。

主人公は童貞DKらしく、女の子との同棲生活に性欲をもてあまし、夕里ちゃんを襲いかけてしまう。
が、夕里ちゃんは主人公を軽蔑するよりも先に、「男を狂わせるなんて、私って罪な女……」「これを利用すれば完全にマウント取れる!」と、シーンに突入していくのだ。
にまにましながらおちんちんを弄んじゃう夕里ちゃんは、もはや純度100%のギャルゲーヒロイン。

---

ちなみに、それ以外のストーリーは消化試合。
デーモンたる敵勢力との戦いは(若干のギミックはあったものの)予定調和。
それ以外も、とくに明確な目標のない「かわいい女の子との楽しい日常シーン」詰め合わせ。

彼女になった夕里ちゃんは、上下関係を築こうとするのではなく、恋人としての協調関係を築こうとしてくれるので、序盤のようなコメディ路線は薄くなっていく。
代わりに、ひたすらイチャラブなバカップルになっていくあたり、やっぱり夕里ちゃんはアホの子かわいいのでした!

「確かなものが欲しければアタシを崇めなさい!」

関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
宿星のガールフレンド

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1097-7f6af782