ベン・トー 4~6話

#04 豚肉生姜焼き弁当 852kcal

著莪あやめ、登場回。
裏ではいろいろ起こっているらしいのだけれど、それは追々。

金髪ハーフでワガママボディのおてんば娘(自主規制)なあやめちゃん。
そんなに珍しいキャラクター設定ではないはず。
なのに、私は彼女から特別ななにかを感じる。
そう、この気持ちに名前をつけるならきっと、トキメキ……(恍惚)

……なんしょうか、私って実はけっこうおっぱい好きだったりするんでしょうか?
それとも、試行錯誤を繰り返して勝利をつかもうとするアツい根性が好きなんでしょうか?
もしかしたら、割り箸でドレスの裾をたくし上げちゃうカッコイイ戦い方が好きなのかも!
(実はメガネっ子スキーだった可能性)

#05 北海道の鮭を使ったあら汁 326kcal

ガヴリエル・ラチェットとモナークの企み「西区制圧作戦」が明らかになる。
井ノ上あせびの登場回でもあり、主人公に二つ名がつくきっかけの回でもある。

というか、女装までの流れが完璧すぎる。
個人的には、トランクスが見えちゃってるほうが恥ずかしくない? とか思うんだけど、どうなんですかね?
私ならかわいいパンツも用意してもらうよ!

さて、モナークの目的は、西区最強の狼を倒して自分が最強になること。
そのために、あやめを使って佐藤を、そして槍水先輩を誘い出そうとしていた――のかな?
あやめがそのことを秘密にしていたのは、佐藤の力に可能性を感じたからか。

とりあえず、警備員の足止めをするあやめちゃんがかわいい!

#06 特製ザンギ弁当 795kcal

「氷結の魔女」「湖の麗人」「変態」 vs 「帝王<モナーク>」「ガヴリエル・ラチェット」回。

ストーリー的には、ヒロインのピンチに主人公たちが駆けつけて、最後に正義は勝つ――といった、極めて王道なもの。
罠にハメられて血まみれな槍水先輩からは鬼気迫るものを感じましたけどね!
そして、決着がついた後に、主人公とあやめちゃんが月桂冠をかけて戦っちゃうのもいいね!

モナークの気持ちもわかるのがニクイところ。
いわばこれは敵討ちであり、あこがれの先輩が成し得なかったことを成し遂げたかったのだ。

「あなたが本当に追い求めたのは最強の名前なんかじゃない。自由で美しかった、あの蝶の姿だ」

関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
ベン・トー

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1077-b44e8f3e