ベン・トー 1~3話

テキトーに流し見するつもりでいたら、思わず記事を書かずにはいられなかったアニメがコレ。
なので、これは2周目の記事になります。



#01 ネバれ、納豆オクラ丼ぶっかけチーズトッピング弁当 440kcal

「ま、これに懲りたならもう半額弁当に触れようとは思わないことだな。もしくは、大人しく半額になる前の弁当を買っていけ。さもなければ、次は――」


貧乏学生の主人公が晩飯を求めてスーパーを訪れると、たまたま弁当に半額シールが貼られるところだった。
それに手を伸ばした瞬間――彼はその身をもって知らされることになる。
男たちの熱き戦いを。誇りを拳に込める世界の存在を!

と、白粉花になりきって紹介したくなる、圧倒的な第1話。
物語としては、半額弁当を争奪する舞台の紹介と、ヒロイン「氷結の魔女」こと槍水仙の登場。
白粉さんは、わざわざ争奪戦を観戦しに毎晩スーパーを訪れていたんですね。

それにしても槍水先輩のカッコよさったら尋常じゃない。
しかし佐藤くんがパンツパンツ言うから時間の流れをイジってみたけど、槍水先輩ってばスパッツ履いてるじゃないですか!?
黒ストにスパッツって防御力高すぎでしょ……。

#02 サバの味噌煮弁当 674kcal

「――狼になりたいんじゃないのか」


ハーフプライサー同好会へ入会し、幾度かの戦いを経て、大猪やアラシに打ち勝って初の白星を上げる。

ムダにアツイ戦いは見どころしかない。
カートの足がキュルキュルいっちゃってるところとかね!
月桂冠とかいう、厨二心をギュンギュンくすぐってくる設定もアツすぎる。

ところで、いつもはクールビューティな槍水先輩が、色仕掛けまで使った強引な勧誘をしてくるとか!
あんなに情熱的な先輩が見れるのは最初で最後な気がします!?
逆に、白梅梅ちゃんには少し情熱を抑えてほしいところですが。

「先輩、もしかして――待っててくれたんですか?」
「ん……まぁな」


#03 大盛りチーズカツカレー 1080kcal

前半の焼身自殺のくだりはなに!?
せっかくきちんと繕った制服を全力投球とか、草しか生えないんですけど。
槍水先輩ってば話を聞いてくれなかった怒り方が斜め上すぎるでしょ!

3話のメインは、「ダンドーと猟犬群」に誘われた佐藤と白粉が、半額弁当のなんたるかを理解するエピソード。

群れなければ戦えないから「犬」と呼ばれる彼らだが、その集団戦の勝率は一人で戦う狼のそれを大きく上回る。
しかし、狼の視点から見れば、確実に半額弁当を入手できるという誘惑に負け、誇りを捨てたとも言える。

佐藤洋が半額弁当にこだわるのは、(もちろん食費込みの生活費が月2万5千円しかないせいもあるが)「氷結の女神」に憧れたから。
白粉花が半額弁当にこだわるのは、自分を認めてくれる人たちと同じ視点でいたいから。

「おまえたちにとって半額弁当は、ただの売れ残りの古い弁当か?」
「いいえ。もっと――それ以上のものです」

関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
ベン・トー

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1076-a1786ea8