少女終末旅行 1~3話

第1話 星空/戦争

壮大なダンジョンみたいな建物からの脱出と、食糧難による戦争の勃発のサンプル。

タイトルに惹かれて見始めてしまったけど、とても不思議な雰囲気のアニメだ。
終末戦争のせいなのか、氷河期のせいなのか、終わってしまった世界を二人で生きる女の子たちのお話。

ジャンルは「日常系」。
とは言え、この退廃した世界での日常は、私たちにとっては非日常なんですが!
(こんな感想は、かみちゅ!でも書いたような気がする)

チトとユーリは幼馴染なのかな?
二人がどう知り合ってどう仲良くなったかの描写はなかったと思うけど、二人は想像以上に仲が良かったみたい。
いくらケンカしたって、結局は二人で一緒に生きていくんだから。
そんな不思議な絆のようなものを、たぶん二人は持っている。
チトにライフルを突きつけるユーリを見ながら、そんなふうに感じました。

ところで、二人はどこへ行くんです?

第2話 風呂/日記/洗濯

元発電所の温水管を利用してお風呂に入るのと、チトが欠かさずつけている日記、雪解け水を利用したお洗濯。

私はナワバリ意識が人一倍強いようで、自分が大切にしているモノ・場所を侵されることに強い抵抗を感じる。
だから、大切にしていた本をダメにしたユーリに対するチトの怒りには、とても共感できる。

こういうイベントって他の作品でもよく起きるけど、私が納得できるような謝罪や反省が描写されることってあまりなくて、そのままそのキャラを嫌いになってしまうことが多々あるのだ。
ユーリに対してもそうなっちゃうのかな、この子はサイコパスっぽいし人の気持ちがわからないっぽいしな、と諦めていたところでの、この締め方。
一気にユーリのことが好きになりました!

「記憶は薄れるから記録しておくんだよ。何千年も前に古代人が発明して以来、ずっと人類は本に記録してきたんだ。昔のことを知ることができるのも、本のおかげだしね」


ところで、お魚の焼き方も食べ方も豪快すぎない?
そして鱗のない魚ってずいぶんキモチワルイ……。

第3話 遭遇/都市/街灯

地図を作っている男性と遭遇し、一緒に「塔」へ向かい上層を目指す。

「ねぇ、ユウ。人はなぜ生きるんだろうね」


単なる近未来モノなのかなぁと思っていたら、ここはずいぶんと不思議な世界。
古代人が作った超巨大建造物に、現代人が住み着いていたらしい。
(1話のダンジョンは、層と層の境目だったってことかな?)
(雪がめっちゃ降っていたのはどういうことなんだろう?)

本や日記を大事にしているチト、自分が書き溜めてきた地図を失って死を望むカナザワ。
二人は現在へと繋がっている「過去」を大切に思っていた。

「どうせみんな死ぬんだ。生きる意味もない」


この終わってしまった世界では特に(もちろん私たちが生きている現実世界でもそうなのだが)、このセリフは大きな説得力を持っている。
けれど、刹那的な「現在」を大切に思っているユーリは言った。

「意味なんかなくてもさ、たまにはいいことあるよ」
「こんな世界でも?」
「たぶん。だって、こんなに景色がきれいだし」


このお話のポイントは、二人が人生をどう捉えているだとか、どっちの考え方が正しいだとか、そういうことではない。
目の前の落ち込んでいる人を励ますために、ユーリが自分の思いを行動によって証明しようとしたこと、それが大事なのだ。

うーん、ユーリちゃんって実はとっても他人思いの優しい子なんじゃないですか。
サイコパスとか言っちゃってごめんなさい、謝ります!
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
少女終末旅行

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1072-d6124fe3