ボールルームへようこそ 1~4話

「社交ダンス」というよくわからないモノを題材にしたアニメが、久々にくっそおもしろかった!
という話を聞いたので、それならばと記事にしつつ観てみます。

17年夏+秋クールの全24話。



第1話 小笠原ダンススタジオにようこそ

やりたいことが見つからず進路に悩む中学生「富士田多々良」が、社交ダンスに出会う話。

ひょんなキッカケから体験レッスンを受けてみて、でもバカ高い受講料なんて払えるわけもなく、断るつもりだった。
なのに、気づいたときにはなぜか弟子入りを志願していた――

スポ根モノでは王道の入り口な第一話です。
一晩12時間以上、基礎練をやり続けるエピソードにリアリティがあるのかは定かではない。
けれど、なにをやっているのかすらわからないものに、なぜだか惹かれる。
人を動かすのはいつだって熱いハートなんだ! というお話はとってもリアルです。

胸を張って好きだと言えるものがあれば、僕は変われる気がする――


第2話 兵藤清春

定番の「ライバル登場」回、兼「主人公、才能の芽生え」回。

だいたいスポ根モノのライバルってちょっとヤなヤツで、主人公は「絶対コイツに負けるもんか!」とか燃えちゃうパターンが多い気がする。
けど、このライバルは全然ヤなヤツじゃない。
むしろイイヤツっぽくて、それが主人公に格差を見せつけてくる。
ちょっと不思議な立ち位置ですね?

さて、これがTVアニメの限界なのかもしれないけど、「スゴいダンス」のシーンに使える動画に制限があるせいか、主人公の感動しているモノに共感しきれないところがもどかしい。
兵藤クンと雫ちゃんの大会シーンね。
……いや、そもそも実物を生で見てもスゴさがわからない気もしてきた。
なんだろう、教養のなさがここでも響いてるの? そういうこと??

第3話 ワルツを踊れ

兵藤クンと雫ちゃんのアマチュア全日本選手権。
のはずだったのが、なぜか富士田クンが雫ちゃんと踊っちゃう回。

なんかもう見ていられない拙い主人公のダンスに才能の片鱗が見える辺り、手に汗を握る展開。
社交ダンスどころか普通に踊ったことすらない私ですが、雫ちゃんの笑顔に答えがある気がする。
そして、その答えが、クールだったはずの兵藤くんの生の感情を絞り出すのだ。

次の話が待ち遠しい。そんなアツい回でした。

第4話 ダンサーズ・ハイ

なんとかワルツを踊りきった主人公に触発された兵藤くんが、タンゴを踊る回。
と、その後日談。

兵藤くんの「返せ」は、3話を見た段階では「雫ちゃんを」だと思い込んでいたのだけれど、4話を見ている最中に、もしかしたら「自分のステージを」だったのかも? と思い直しはじめた。
そのくらい二人のタンゴには鬼気迫るものがあった。
兵藤くんが富士田くんを完全にライバルと認めた瞬間です。

しかし、富士田くんの家に来た兵藤くんとの別れ際の「雫を頼む」を聞いて、やっぱり3話ラストは「雫を返せ」だったんじゃないのかなぁと再考。
開始4話にして、すでにクライマックスな展開ですね!?
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
ボールルームへようこそ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1059-374c5386