スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

あきゆめくくる みはやルート

2016年12月枠その1は、「あきゆめくくる」をチョイス。
☆4「はるまで、くるる。」、☆3「なつくもゆるる」をリリースしている、すみっこソフト四季シリーズ第三弾です。

すみっこソフトは、毎回SF色の強いストーリーを採用してくる。
そっち方面にあまり強くない私は、特に難解だった前作・なつくるの感想に「SF要素がないキャラゲーだったとしても、評価は変わらなかった」とか書いた気がする。
そんな今作こそ、満を持してのラブコメ(量子力学的)なのだから、もうやらないわけがないよね!

……か、勘違いしないでよね? 別に私はすみっこファンなんかじゃないんだから!
このブランドのシナリオライターをちょっといいなって思ってるだけなんだからっ!
ギャグシーンから才能がほとばしってるなって思ってるだけなんだからぁっ!!

---

「あの青いのは、人間の可能性の残骸。
 量子爆弾は可能性を壊す爆弾だわ。
 可能性を殺されたから、この街は同じことを繰り返すことしかできなくなったのよ。つまり、ループしている、ということね」
「それじゃ、僕達もループに巻き込まれることになるのか?」
「違うわ。だって、わたし達は可能性を奪われてはいないのだから。
 まぁ、わたし達は可能性を奪われたわけだけど、そういう次元の話ではないわ」


時は近未来。
遺伝子操作によって人間離れした能力を持つ(持たされた)主人公とヒロインたちは、政府によって閉鎖都市ルルランに隔離されることになった。

ルルランは量子爆弾の誤爆により、可能性が死んだ街。
主人公たちの他には、ワスプと呼ばれる人間の可能性の残骸が、ひたすらに同じ一日をループし続けているのだ。

そんな狂った街で、量子的に可能性を殺された人間を救うために、社会的に可能性を殺された主人公たちはラブコメをはじめるのだった!

---

とりあえずは、サブヒロイン枠な妹様・原島みはや嬢を攻略。
妹スキーな私は、今まで結構な数の妹さんたちと仲良くしてきたと思うけれど、その中でもこの妹はとびきりだ。
とびきり狂ってやがる。
どういう生き方をしてきたら、ここまでブラコンをこじらせてしまうんだろう?

残念ながら、そのあたりの詳しいエピソードが語られることはない。
いろんな状況から浮き彫りにはしてくるのだけれどね。
そして、妹ちゃんとの日常シーンもないので、主人公と妹とが想いを通わせるシーンに、やや説得力が欠けていたような。
とは言え、こんな妹ちゃんに日常的に絡まれていたらとてもマトモなギャルゲーになるとは思えないので、もうどうしようもないですね?

まさに天災。
そんな形容がふさわしい、疾風怒濤な妹ルートでした。

次回、歩ルート。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あきゆめくくる

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1027-b7d9064e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。