Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ 日向子ルート

レリーフ、3ルート目は正統派美少女ヒロイン、箒木日向子嬢を攻略です。
読みは「ははきぎ ひなこ」さんですね!
変わった名前の多い二次元ヒロインの中でも、特に珍しい苗字の女の子かも。

CVは、葵ゆり。
ブランド初作品なせいか、新人声優の起用率が高いのもこのゲームの特徴かも。
ぶりっ子寄りな演技には好き嫌いありそうではあるけれど、私はいいと思いますよ!

---

「自分は何者なのか。何を求めて、何ができるのか」

進学、就職、転職、人生の分岐点を思ったときに誰もが一度は感じるであろう「将来に対するぼんやりとした不安」。
日向子ルートでは、その普遍的な問いかけに、一つの答えを出している。

「個性」と「協調性」を同時に求められるこの矛盾した社会で、私たちは「出る杭となって打たれないような」「やりたいこと」を見つけなければならないと考えてしまう。
あなたに確固たる将来の夢があって、それに向かって着実に歩んでいるのなら、この社会はさほど悪いものではないのだろう。
けれど、「思ってたのとは違う気もするけど、とりあえず今はこんな感じで……」と、妥協点を探って生きている人のほうがよほど多い気がする。
(実際、私の知り合いの正社員に、定年までそこに勤め続ける意志を持っている人間はゼロだった)

日向子も「やりたいこと」の見つけられない人間だった。
人生への目的意識が希薄だから、壁にぶつかったときに壊れてしまったのだ。
その話を聞いた主人公は、日向子に親近感を抱く。

しかし、日向子にはいつしか「将来の夢」ができ、それに向かって歩みはじめる。
そんな彼女を見て、主人公は一人取り残されたように感じ、ひどく焦る。
夢はどうやったら見つけられる?
このままモラトリアムを過ごした後、自分は何者になれるのだろう?
そう弱音を吐露する主人公に、日向子はこう言うのだ。

「私ね、紗希ちゃんと出会って、斉藤さんに出会って、みんなと出会って、変わっていったの」
「それで、やっと居場所を見つけることができた」
「居場所ができたから安心できて、ようやく自分のことを見直せたんだよ」
「だから……今度はわたしが司くんのそんな居場所になってあげたい」


---

主人公は「好きな人を幸せにする」という目的を見つける。
その芯の通った意志と、安心できる居場所があってこそ、目的を達成する手段を知ろうとする余裕ができる――
このシナリオは、そう言っている。

このメッセージ性そのものは、特異なものではないと思う。
実際、職場や仕事内容に不満があっても、「妻子のため」という目的のために手段を犠牲にしている人は数多いのだから。

しかし、弱音を吐いた主人公を抱きしめる日向子ちゃんの包容力こそが、このシナリオのメインだ。
久々に、正しい意味での癒し系ヒロインに出会った気がします!

「司くん、なにがあっても大丈夫だからね」


---

さて、ミリャちゃんとのあれこれについては……ごめんなさい、ちょっとよくわかんなかったです。
この件については、アイルートに持ち越しってことで……。

ただ、ミリャちゃんのパンツをギッたところからの、日向子さんにパンツをもらっちゃうあたりは輝いていた。
え、っていうか、女の子って普通ああいう流れでパンツくれたりするものなのかな? かな??
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
Re:LieF

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1024-f04edb71