空のつくりかた -under the same sky, over the rainbow- ハルルート

どうにもテンションが上がらなくて、分岐できる個別ルート2つはスキップしました。
だって、さすがに時間かかりすぎだよね?
ということで、ラストのメインヒロイン、ハル=クリスを攻略。

CVは、羽鳥いち。
この1~2年でメインヒロインを張るようになった新しい声優さんっぽい?
天真爛漫な残念系ヒロインによく似合う、明るくて元気な演技でした。

---

ハルルートは、主人公の厄介な幼馴染・ハーヴィとのいさかいで、つり橋効果な恋に落ちた結果、入ることができる。

個別ルートのメインは、(飛ばしてしまった)ノアルートと同じ「シルク・デー」という世界の変革の日について。
世界の「変革」のためには、ハルの魔力が必要。
つまり、ハルが生贄になるということのようです。
(このあたりの舞台設定についてはあまり理解できてません。たぶんノアルートをちゃんとやる必要があるっぽい?)

死を意識する二人の恋と、彼女が我が身を顧みずに蒔いてきた幸せの種が芽吹いた結果としてのエンディングは、まぁ順当なところ。
ハルのお母さんが救ったリーザルを、もう一度ハルが救う展開になるのかなーっと思っていたけれど、そんなこともなく。
ただし、それは幸せの花が新しい幸せの種になるように、リーザルに救われたハルが今度は身を賭して誰かを救うことになる未来があるわけで。
どっちのほうがよかったとか、そういう話じゃないのかもしれない。

ただし、「空のつくりかた」というタイトルになるはずの山場のインパクトは、やや薄い。
このあたり、このゲームの抱える問題を象徴している気がする。

---

それにしても、ハルちゃん意外とおっぱい大きいのね?
どスケベなのはぜんぜん意外じゃなかったけどね!
突然のナース服は、まったく意味が分からなかったけど、これはこれでよいものでした。

次回、いちおうまとめ記事。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
空のつくりかた

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1019-140d8295