空のつくりかた -under the same sky, over the rainbow- 和葉ルート

ひと月飛ばしの2016年10月発売枠その1は、「空のつくりかた」をチョイス。
☆3評価「グリムガーデンの少女」をリリースしたブランド、COSMIC CUTEの作品です。
選んだ理由は、①「OPのセンスが抜群」、②「メインヒロインっぽい残念系魔女っ子がかわいいっぽい」の2点。

……なんだけど、1ルートクリアするのに1週間もかかってしまった。
本当に全クリできるのか、私はとても不安ですよー。

ちなみに、一番かわいい女の子が攻略できないっぽいのはご愛嬌。
オズニアさんとラブラブちゅっちゅしたいよね。したくない?

---

魔法や獣人がフツーにいるローファンタジーな現代劇。
探偵な主人公が、街のボスな吸血鬼や、マフィアたちと渡り合いながらヒロインたちの問題を解決していく、サスペンス系のシナリオのようです。
どことなくブラックラグーンと似た雰囲気を感じる。

一本道なシナリオから寄り道して個別エンドに向かう仕様なこのゲーム、最初に攻略できるのは、ゲンキ系褐色犬耳娘な、白崎和葉嬢。
(どうして和名なの……?)

声優は、桜似あかり。
新人なのかな? 知らない人だった。
シリアスシーンには合わない声かもだけど、日常シーンはイイカンジ。
「そらのつくりかたっ↑↑」なアイキャッチがとてもよろしいですね~~↑↑

---

本シナリオで彼女の弟に関するトラブルを解決したあとに入ることができる和葉シナリオは、早くに両親をなくした彼女の出自にスポットが当たる。
テーマは、家族愛なカンジ。

とは言え、「そうだよね、家族っていいものだよね!」と言ってくれるような、最初から「家族モノ」に親和性がある読者ならともかく、私のようなCLANNADに☆2評価とかつけちゃうよーな読者を引き込むには、完成度に欠ける。
というか、なんで私がヒロインの弟にドヤ顔で恋愛を語らなきゃいけないワケ?
マジでどーでもいいんですけど???

そして、ルートに入ってからの「Hシーン」と「個別シナリオ」がまったく分けられているのが、チグハグな印象。
エッチしおわってからの、唐突な実の両親の展開ね。

「次も当選したいから、票田となる富裕層に受ける政策をしよう」←わかる
「富裕層が蔑視している貧困層と、そのスクツなスラム街を潰そう」←わかる
「スラム街潰しはマフィアに依頼して、報酬として跡地をマフィアたちの治外法権区域にしよう」←???!?!!?!

こういった悪役の設定をはじめとした物語の土台に、真実味が感じられないというか、ご都合主義っぽいというか。
今までなんの伏線もなかったところで、いきなり「実はこういうことがあって、それって実はこうだったんです!」とか言われても、私だって「へえ、そうだったんだ」としか言えないよ?
せめて、ハルが魔法で花を結晶化しちゃうところには伏線がほしかった。

ただ、ストーリーの山場自体は、なかなかにテンション上がった。
ギャルゲーシナリオという観点からも、全然悪くない出来です。

ちなみに、Hシーンもなかなかよろしかったと思いますですよ、ハイ。
でも、おっぱいはちょっと大きすぎるかなって。
和葉は貧乳キャラでも全然よかったと思うの。ねぇ、そう思わない?
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
空のつくりかた
genre
ゲーム
theme
レビュー・感想

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/1017-dae44b77