Entry Navigation  [月別アーカイブ]

響け!ユーフォニアム 10、11話

第10回 まっすぐトランペット

受かった黄前久美子と落ちた中川夏紀、ソロに指名された高坂麗奈と今年も吹けなかった中世古香織。

『アンタがいなければ、コンクールで吹けたのに!』


久美子は、中学のときも先輩が落ちたオーディションに受かっていた。
その時、人間の醜くもストレートな感情をぶつけられてしまった。
リアリストな久美子だから、先輩の気持ちも理解できて、けれどオーディションは「上手い人間が選ばれる」ものだということも正しく理解していた。
わからなかったのは、その先輩との関係の繋げかた。

今回の夏紀との顛末は、もう120%で夏紀がステキな女の子すぎました。
自分の実力も、相手の実力も理解していて、その結果に納得もしている。
そして、戸惑っている後輩の気持ちも汲んで、自分から歩み寄ることができる。
たしかに、演奏の技量は久美子より劣っているかもしれない。
けれど、確かに間違いなく彼女は先輩なのでした!

結果に納得できなかったのは、香織のほう。
自分の実力も、麗奈の実力も理解していて、それでも納得できないほど強い想いを秘めている彼女。
優子はそれを知っているからこそ、香織の表に立ち、滝先生へと噛み付くのだ。

「香織先輩、諦めないでください! 最後のコンクールなんですよ!? 諦めないで……!
 香織先輩の――香織先輩の夢は、絶対に叶うべきなんです!!」


---

「久美子……。私、間違ってると思う?」
「……ううん、思わない」
「ほんとに?」
「うん」


「ソロを譲る気は?」
「――ない。ねじ伏せる。そのくらいできなきゃ、特別にはなれない」
「……麗奈だね」



第11回 おかえりオーディション

トランペットソロ、再オーディション。神回。
前回はオーディションに落ちた夏紀がステキな女の子だった話をしたけれど、今回は優子が150%でステキな女の子だった話をします!

「私、どうしても――どうしても香織先輩にソロを吹いてほしいの。だから――お願い!」
「っ……わざと負けろって言うんですか……?」
「あなたには来年もある、再来年もある! 滝先生だったらもっと部はよくなる。
 香織先輩は最後なの。今年が最後なの! だから――」


プライドを捨てた優子のまさかの懇願に、さすがの麗奈も動揺せざるを得なかった。
上から脅されたのなら、はねのけてねじ伏せる覚悟も強さも持っていた。
けれど、情に訴えかけられ、頭を下げられるとは思いもしていなかったからだ。

「久美子は、もし私が負けたら……嫌?」


自分の歩もうとしている道は本当に正しいのか。
ふと不安が口をついてしまった麗奈に、しかし久美子は言うのだ。

「……嫌だ。嫌だ!」
「どうして?」
「麗奈は特別になるんでしょ!?」
「……そうね」
「麗奈は他の人とは違う。麗奈は誰とも違う! 他人に流されちゃだめだよ、そんなの馬鹿げてるでしょ!?」


これは8話での麗奈の告白に対する久美子の返事であり、このアニメで最もきれいなシーン。
二人が友達以上の存在となり、傍観者に徹していた久美子が初めて舞台に上がることを決意するシーンでもある。

「……そばにいてくれる?」
「うん」
「裏切らない?」
「もしも裏切ったら殺していい」
「本気で殺すよ」
「麗奈ならしかねないもん。それがわかった上で言ってる。だってこれは――愛の告白だから」


---

さて、麗奈を目の敵にしていた優子だけれど、彼女はただ上手な下級生を妬んでいたわけではない。
香織が自分を犠牲にしてまで部のために尽くしてきたのを見てきたから、その努力が実を結ぶことを願っていたのだ。

久美子が信じたように、能力がある人間が選ばれるのが正しい世界なのかもしれない。
しかしそれを言うなら、重ねた努力が報われる世界だって正しいに違いない。
麗奈が自分の正義を貫いたように、優子も自分の正義を貫こうとしていたのだ。

私たちが優子の涙に心を揺さぶられるのは、それが他人のために流されたものだから。
たとえ成し得なかったとしても、好きな人のためになにかができる彼女は、とってもステキな女の子なのです!
関連記事
category
[視聴中] アニメ
響け!ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム 7~9話

第7回 なきむしサクソフォン

部活を辞める斎藤葵と、それを引き止められなかったことを思い悩む部長・小笠原晴香の回。
葵が辞めた表向きの理由は、受験勉強に専念するため。
もちろんそれも真実なのだが、彼女たちの心の中には、去年の事件がしこりのように残っていた。

「今の部は、去年までとは違うでしょ? サンフェスのときに思った。滝先生だけじゃなく、みんな本気だって。コンクール金賞獲るつもりで頑張ってるって。
 私、そこまでできない。私、のうのうと全国目指すなんてできない。去年あの子たち辞めるの止められなかったのに、そんなことできない!」


その後ろめたさは、(明日香を除いて)上級生全員が持っているもの。
豆腐メンタルと評される晴香も、当然そのことを気にしていて、その上で、部をまとめられない自分の不甲斐なさを責めてしまうのだった。

「やっぱり、私が部長なんて無理だったんだ……。明日香が部長だったら……そしたらこんなことにはならなかったのに……」


久美子への八つ当たりはどうかなーと思わないではないけれど、でも、私は晴香みたいな女の子って全然嫌いじゃない。
少なくとも、自分の弱さをひた隠しにする明日香より、自分の弱さを理解して、それでも他人に真摯であろうとする晴香を信頼したい。
その点では、私は秀一と同じく晴香派ということですね。

単に断れなかっただけなのかもしれない。
それでも、「あんな状態」の部を引き受けようと決意したのは、たしかに晴香の強さに違いない。
香織の励ましはとっても的確で、優子が慕うのもわかろうというものです!

第8回 おまつりトライアングル

神回への布石。葉月ファンにとっては神回。
久美子が気になる秀一と、秀一が好きな葉月と、言われて秀一を意識しはじめた久美子。
その三角関係に気がついて愕然とする久美子。かわいい

葉月の告白はさすがにいきなりすぎて、私も面食らってしまった。
変化球の投げ方すら覚えようとしない、直球勝負一球入魂な葉月の恋愛スタイルは、とても瑞々しくてまぶしいくらい。
もっとやりようがあっただろ……とか思ってしまう私たちには、もう青春は戻ってこないのです!
だからこそ、エンディングでの葉月の号泣に、こんなにも心動かされてしまうのですねぇ。

「ねぇ葉月ちゃん。今日、めちゃくちゃ可愛いですよ!」


そして、青春全開なのは麗奈も同じ。

「私、興味ない人とは無理に仲良くなろうとは思わない。誰かと同じで安心するなんて馬鹿げてる。
 当たり前に出来上がってる人の流れに抵抗したいの。全部は難しいけど――でも、わかるでしょ? そういう意味不明な気持ち」


麗奈は久美子の中に、他の奴らとは違う、なにか「普通じゃないモノ」を嗅ぎ取っていた。

「私、久美子のそういうところ気になってたの。前から。
 好き――っていうか、親切ないい子の顔して、でも本当はどこか冷めてて――だから、いい子ちゃんの皮、ペリペリってめくりたいなって」
「それは、どういう……」
「わかんないかなぁ、私の愛が」
「高坂さん、ねじれてるよ」


だから、麗奈は久美子にだけ告白するのだ。

「私、特別になりたいの。他の奴らと同じになりたくない。
 だから私はトランペットをやってる。特別になるために」
「……トランペットやったら、特別になれるの?」
「なれる。もっと練習してもっと上手くなれば、もっと特別になれる。
 自分が特別だと思ってるだけの奴じゃない、本物の特別になる」


自分は特別な存在に違いない――幼いころには珍しくない、根拠のない思い込みだ。
しかし、その幻想を現実にするために、麗奈は地道な努力を積み重ねていた。
それは他人には価値のない、けれど自分を自分たらしめているもっとも重要なもの。
そんなブレない信念を持った彼女だから、私も久美子も見とれてしまうのだ。

第9回 おねがいオーディション

葉月の失恋のその後と、コンクールにむけてのオーディション回。

自分が無責任に背中を押したから――と自分を責める緑を、なぜか振られた葉月が慰めるという。
当事者の一端である久美子は、傍観者に徹していた。
それでは、私たちの気持ちを代弁してくれた頼もしい明日香先輩のお言葉をどうぞ。

「――どうでもいい。正直、超どうでもいい。超超超超どうでもいい」
「正直すぎますよ」


そして、やってくるオーディションの日。
それぞれの想いを胸に、その音色を審査される。

その結果、ユーフォは明日香と久美子が受かり、夏紀は落ちる。
そしてトランペットのソロは、香織ではなく麗奈が指名されるのだった。

みんな吹きたいんだ――
コンクールに出たいんだ――
そんな当たり前なことを、私はやっと理解した。

関連記事
category
[視聴中] アニメ
響け!ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム 4~6話

第4回 うたうよソルフェージュ

パートリーダー会議の結果、一週間後の合奏までは先生の指導に従うことを決めた吹奏楽部。
滝先生も、現状の「生徒の自主性」に任せていては一向に上達しないことを理解し、精力的に指導に取り組むようになる。
しかしその内情は「体育会系よりも厳しい」ものだった。
そうして皆は知ることになるのだ、「この顧問、マジで全国目指してるんだ……」と。

吹奏楽のことを全然知らない私のような視聴者にも、それぞれの楽器がどんな練習をしているのかを教えてくれる回。
麗奈の滝先生への感情の一片が見える回でもあり、久美子から麗奈へと一歩近づく回でもある。

「言わずにはいられなかった」麗奈と、「言わないと後悔すると思った」久美子という対比には、それぞれの人間性の違いがよく出ている。
久美子みたいな打算的でリアリストな女の子が主人公って、ちょっと珍しい気がする。
(ギャルゲーの男主人公になら多そうなんだけれど!)

第5回 ただいまフェスティバル

高校生になったら胸が大きくなると信じていたのに、去年と胸囲が変わっていなかったことに愕然とする久美子の回。かわいい
サンライズフェスティバルに向け、マーチングの練習をする回でもある。

あの海兵隊の合奏以来、この部の空気は明らかに変わった。
「やってもどうせ同じだ」から、「頑張れば良くなる」に変化したのだ。
人は単純だ。見返りがあるとわかれば頑張るようになり、頑張って良くなれば更に頑張ろうとする。


そんなふうに分析しちゃう久美子は、やっぱりちょっとニヒルなリアリスト。
だから去年も、そして今だって、少し頑張ったからっていきなり全国に行けるようになるだなんてこれっぽっちも思っていないのだ。
そんな久美子を、麗奈も、そして私も、とても気に入っている。

「黄前さんらしいね」


サンフェスで北宇治高校が吹いたのは、YMOのライディーン。
もともとカッコいい曲なのに、それをブラスバンドにアレンジしちゃうとか、相当にアツいセンス。
ちなみに、映画版の総集編ではパーカスソロを含むフルバージョンを見ることができます!
こんなノリノリの曲を必死な顔で吹いているみんな、本当に頑張って練習したんですね。お疲れ様でした!

第6回 きらきらチューバ

その曲は、たしかにダイナミックで、でも失敗したら目も当てられなくなりそうで……。
私は思った。やっぱり滝先生は本気で全国を狙っていると。


サンフェスが終わり、夏の府大会の曲も決まる。
レギュラーメンバーは、慣例では上級生から順に決まっていくのだが、滝先生はオーディションによる選考を決定する。

ほんの少し漂いはじめた緊張感のなか、皆は練習に励む。
そんな中、葉月は初めての壁にぶつかっていた。

「なんか、思い出しちゃって……。うまく吹けないのって、周りが思ってるよりずっと辛いと思うんです。なにかきっかけがつかめないと、嫌になっちゃうんじゃないかなって……」


ピアノを除いたほとんどの楽器、特に低音のものは合奏を前提に演奏される。
けれど、葉月はまだその合奏を経験しておらず、音楽の楽しさを知らないままだった。
それに気がついた久美子と緑は、葉月と3人で合奏をするのだった。

「……どうだった?」
「なんだろ……すごく――音楽だった!」


情熱的で天真爛漫な葉月回。
個人的にはもう少し髪が長いほうが好みなのですが、それでも葉月ファンってかなり多そうです!
関連記事
category
[視聴中] アニメ
響け!ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム 1~3話

流し見したけどもう一周したくなったアニメシリーズ



第1回 ようこそハイスクール

高校1年、春。
主人公・黄前久美子が、北宇治高校・吹奏楽部に入部することを決意するまで。

わざわざ同じ中学の子が少ないこの学校を選んだのは、憧れのセーラー服の高校がここだけだったのと、いろんなことを一度リセットしたかったから。


久美子の脳裏には、中学最後のコンクールのことがこびりついていた。
練習して、努力して、本番では思ったような演奏ができて、その結果に満足もしていた。
けれど、高坂麗奈だけは、その上を目指していた。
それを知ってしまった瞬間、今までの自分の努力も、演奏も、吹奏楽部の仲間たちでさえ、色褪せて見えてしまったのだ。

後ろめたく感じるのは、麗奈に余計な一言を漏らしてしまったからではない。
音楽を、吹奏楽を、そしてなにより自分自身を裏切っていたように思えてしまったから。
だから彼女は、いろんなことを一度リセットして、それから新しい一歩を踏み出したいと思ったのだ。

結局、彼女は吹奏楽部に入ることを決める。
けれど、それは吹奏楽に前向きになったからではない。
もちろん、葉月と緑に、いつか音楽そのものを楽しんでいた自分を見たせいもあるかもしれない。
しかし、一番大きかったのは、自分に期待している友達までをも裏切りたくないと思ったからだろう。

久美子はどこか冷めていて打算で動くような、クールなリアリストに見える。
それは家での(まるで不機嫌にすら見える)ローテンションな素の表情からもわかる。
そんな久美子を、どうしてだろうか、私はとても気に入っている。

第2回 よろしくユーフォニアム

楽器分けで、再び「ユーフォによろしく」してしまった久美子。
緑はコンバスを、そして葉月はチューバと運命の出会いを果たす。
今年度の目標「全国大会出場」を多数決で決めた結果、幼馴染の先輩・斎藤葵のフラグが立つ回でもある。

「でも、今日みたいに聞かれたら、全国大会目指すっていう方に手を挙げるでしょ?」
「そりゃあ……ねえ」
「だからややこしくなるんだよ。大人はズルいよ」


2期まで観ればわかることなのだが、たしかに大人はズルいのである。
滝先生は「全国大会出場という目標を生徒が自主的に決断するように誘導した」のだ。

「それ言ったら、どっちにも手を挙げなかった誰かさんが一番ずるいんじゃない?」


本当はもっと上を目指したいけど、それを麗奈に知られたらどう思われるかわからない……。
そんな久美子の葛藤がとても身近なものに感じられる私も、小心者な日和見主義者なのでした!

第3回 はじめてアンサンブル

滝先生の真意の見えない指導と、それに不満を持つ上級生たち。
60人以上が所属する集団をまとめなければいけない部長の苦悩、生徒間の温度差による政治模様などと同時に、去年起こったらしい2年生が多く辞めた事件も輪郭を表してくる。
初めての合奏は、私の素人耳に聞いても、なかなか先行き怪しいカンジでした……。

「私はやるなら一生懸命やりたい。せっかく放課後遊ばないで頑張るんだもん」
「それは緑も同じです! ですけど、それぞれの心の持ち方じゃないでしょうか……」
「でも吹奏楽って個人競技じゃないよね。みんなが同じ方向向いて、みんなで頑張らなきゃ意味がなくて……。今みたいに、やる気のない人たちにイライラしながら頑張るのって、私は……なんか……」


やる気のないユーフォの2年生・中川夏紀や、練習をサボって遊んでいたホルン隊の描写も入り、葉月の想いにはとても共感できる。
しかし、ふと振り返ってみれば、今の葉月が去年の麗奈であり、今の「やる気のない部員」が去年の久美子なのだ。
(去年の久美子も決してやる気がなかったわけではないが、麗奈と向いている方向が違ったという点では同じことだ)
麗奈の悔しさの一片を知ってしまった久美子には、なにも言うことができなかった。

そこに響いてくる麗奈のトランペット。
麗奈は変わらず麗奈だった。
だから久美子は今度こそ彼女を、そして自分を裏切らないことを決意するのだった。

「これ……?」
「『新世界より』。ドヴォルザークがアメリカにいるときに、故郷のボヘミアを想って作った曲なんだって。まだなにもない新しい世界で」

関連記事
category
[視聴中] アニメ
響け!ユーフォニアム