FLOWERS -Le volume sur automn- (秋篇) その2(まとめ)

春篇の感想はこちら、夏篇の感想はこちらから。

シナリオ

「……ねぇ考崎君。どうしても手に入れたいものが二つあったらどうする?」


秋篇では「停滞」と「変化」が一つのテーマになっている。
そのために用意されたのが、春篇でも一要素として取り上げられていた三角関係である。

本当は恋人になりたいけれど、今の親友という関係を崩してしまうのが怖くて、一歩が踏み出せない――
こんなのはどこにでもある話だ。

譲葉は、変わりたいけれど変わることが恐ろしかった。
ネリネは、変わることそのことを恐れていた。
だから二人はずっとこの距離のまま停滞し続けてきたのだ。

けれど、林檎が一歩を踏み出すことで、否応なしの変化が訪れる。
(林檎が変化を恐れなかったのは、決して彼女が勇気ある少女だったからではない。
 自分を変えられるきっかけを待ち望んでいたのだ)

すべてを受け入れてくれる林檎との優しい関係か、実らないかもしれないネリネへの初恋か――
選択を迫られたとき、千鳥は言うのだ。

「私は、どちらかを必ず選ばないといけないと為ったら迷いません。自分の心に従います」
「私の好きなあの子の言葉を借りるなら“誰にでも佳い顔なんて出来ない”ということだと思います」

「一歩を踏み出すのは誰でも怖い。でも、踏み出さなかったら、ずっと同じ場所でとどまってしまう――」
「それは選ぶ側も、選ばれる側も損なわれる行為ではないでしょうか?」


---

こういったテーマのシナリオゆえに「停滞し続けている関係を、最終的に変化させる」というストーリーにせざるを得ない。
そのせいで物語に起伏が少なく、やや退屈気味だったかもしれない。
(もちろん様々なイベントは起きるが、ヒロインたちの関係性に大きな変化が起きない――という意味で)

ちなみに、豆腐メンタルな私的には、林檎エンドがお気に入りです。
年下女房は年上のように、年上女房は年下のように。
甘えさせてくれる林檎と、甘えっ子な譲葉のカップルは、とってもお似合いだと思うのです!

テキスト

シナリオライターは同じなので、基本は夏篇以前の評価に同じ。
今回、テキスト的に特筆すべき点は特になかったよーな気がします。

グラフィック・ムービー

とにかく譲葉とネリネは写真写りが良すぎるんだよなぁ。
そのせいもあって、OPムービーの出来がハンパないことになっている。
特に、曲名が出るところの二人の「虹の魔法」のCGと、アウトロの「天体観測」のCGのキラキラっぷりがヤバイ。

あとは、過去回想CGの使いかたが上手い。
最初のタイトルコールではネリネの騎士のように譲葉を置いておいて、サビに入ったところで「幼少期:譲葉の手を引くネリネ」を出し、そして「現在:ネリネの手を引く譲葉」を見せる。
もう完璧な物語性ですね!

立ち絵と一枚絵を基本としたスライドショー形式のOPムービーとしては、全ギャルゲーの中でも最高峰の出来と言っても過言ではないかもしれない。
というか、イノグレはいつもOPのクオリティが高すぎる。

音楽

OP曲はシンプルに名曲だけれど、その挿入歌としての使いかたが上手過ぎる。
作中では、この「虹の魔法」がオズの魔法使いの「虹の彼方に」に充てられて、二人の思い出の曲になっているのだ。
その二重唱のシーンも、単純にアレンジとしての完成度も高く、うーん、まりのさん結構歌上手いんじゃないですか! ねえ?

それ以外のED・BGM等はふつう。

声優・システム

こちらの評価も夏篇に準じます。

総評

「百合系」とは言うけれど、譲葉はボーイッシュなキャラクターなので、あんまり百合感は強くない。

ちなみに「ミステリィADV」要素の進展は、ほとんどなし。
「真実の女神」に通じる「アガペのタルパ」という七不思議が明らかになり、七つすべてが出揃う。
これがマユリ消失の鍵になっているらしいのだが……冬篇ってけっこうサスペンス要素強めなんですかね?

ところで、春篇での私は蘇芳ちゃんにベタ惚れしていたけれど、それは「主人公」としての彼女が好きだという話。
「ヒロイン」としてなら、CV:洲崎綾な千鳥ちゃんがナンバーワンなのです。
そして、えりかちゃんもかなり上位なお気に入り。
なので、まるでアフターストーリーみたく「ちど×えり」の出番の多い今作は、もーたまらないですって!
(それにしてもチドリンはちょっと丸くなりすぎ感はあるけど!?)
(完全に恋する乙女なんですよねぇ……)

私の評価は、★4・佳作入選。
シナリオ的には良作の域を出ていないが、グラフィック・音楽・ムービー等のビジュアル面が秀逸。
批評空間ベースでは、80点です。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
FLOWERS

FLOWERS -Le volume sur automn- (秋篇) その1(シナリオレビュー)

一年越しの2016年5月枠、FLOWERS・秋篇をプレイ。

今作では、八代譲葉が主人公、小御門ネリネがメインヒロイン。
サブヒロインとして、沙沙貴姉妹が充てられている。

今作では、この「FLOWERS」という作品に対するシナリオライターの哲学が明らかになっている。
春篇での、蘇芳を脅して恋人にする立花。
あるいは秋篇での、譲葉を口説き落とす機会を逃さなかった林檎、林檎に代償行為を求めてしまった譲葉。
ヒロインは清く正しく描かれるのが大概のギャルゲーなのだが、この作品においてはなぜか違うのだ。

たしかに、人は過ちを犯す生き物だ。
けれど、なぜヒロインにそんなに大きな過ちを犯させるのか?
それを端的に言い表したのが、譲葉のこの台詞。

「人というのは時折、醜い顔を覗かせることがある。そいつがない人間なんていないんだ」


おそらく、これがこのゲームのテーマの一つだ。
ヒロインたちは、皆少しずつの欠点を持ち合わせている。
そして、その欠けた部分を埋めようと、少しずつ利己的な行動を取ってしまう。
今回、その人間臭さがもっとも顕れていたのが、幼少期のネリネだ。

ネリネの「罪」は、友情を試し、信仰を強要したこと。
ネリネは謝罪はしたけれど、そもそもそれを罪だと思っていない譲葉は謝罪を受け入れなかったし、だからネリネに罪を償う機会も与えられなかった。
いずれのルートでもそのまま物語がエンディングを迎えてしまうことに、納得できていない諸兄姉もいるかもしれない。
(罪を犯したのなら罰を受けなければならないはずなのに、なぜ?)

しかし、幼い頃のネリネの行為を「罪」だと思う心こそが、ライオンの言う「臆病さ」そのものなのだ。

---

夏篇ではグリム童話を下敷きにしていたが、秋篇で扱われていたのはオズの魔法使い。
譲葉は自分を「心のないブリキ」に、ネリネを「臆病ライオン」に喩えていた。

オズの魔法使いで、ライオンは「自分が臆病なことを知っている限り、それは確かな不幸せだ」と言う。
いくらライオンが凶暴な獣だと皆から恐れられていても、自分がどう思っているのか、それこそが真実なのだという。
ネリネも(本当に罪を犯したかはさておき)罪を犯したと思っている限り、幸せにはなれない。

小御門ネリネは己が罪を背負っていることを知り、それをひた隠しにしている。
私はそれを卑怯だとは思わない。ただ臆病なのだと思う。
だが、臆病なことの何が悪い?
踏み出せない、勇気がなく口に出せない事なんて誰だってある。
だから私は――


だから譲葉は、臆病な彼女に代わり、勇気を振り絞る。
譲葉が自分をブリキだと言うのは、自分の心を殺し続けてきたから。
ネリネとの、あるいは両親との関係のなかで、「自分の望む自分らしい自分」ではなく「他人が望む八代譲葉らしい自分」になろうとしていたからだ。
けれど、そうやって心を無くそうとしてきた譲葉は、臆病な彼女のため、「自分の望む自分」になることを決意するのだ。

「ネリーにとっての真実と、僕にとっての真実は違う。同じ物でも視ている側にとって真実なんてものは別の顔をみせる」
「君は自分の行ったことを悔いているようだが、僕には救いだった。逃避? 違うね、天啓だよ」


たしかに、幼い頃のネリネにとって譲葉は大勢の友達の一人でしかなく、ちょっと構ったら思った以上に懐いてしまったことが楽しくて、ペット感覚で可愛がっていただけだった。
けれど、譲葉からすればどうだろうか。
転校を繰り返した結果、消極的で内向きな性格になってしまった譲葉。
愛情表現の苦手な両親と、一人の友達もいない学校。
居場所のなかった彼女にとっては、どんな思惑であれ、一緒にいてくれるネリネの存在は計り知れないものだったのだ。

傲慢は七つの大罪にも数えられているけれど、結果的にその行為は譲葉を救っていた。
ならばそれは本当に「罪」なのか?

その答えは、足を挫いて動けなくなった譲葉を迎えに来たネリネの姿にあると、私は思う。

「かかとを三度鳴らしたら、助けに来る。そう約束したでしょう」


---

一つの事実を異なる側面から見たとき、真実は多様な姿を見せる。
この作品では、動機的にではなく、結果的にその事実がどう作用したのか――そこに結論を求めていた。
たしかに、仮にそれが悪意だったとしても、結果的に彼女が救われていたことこそが真実かもしれない。
私としても、そこに異議を唱えるつもりはまったくない。

……ところで、私は似たようなシチュエーションが用意されたゲームをやったことがある。
そして、そこで出された結論は、まったくの正反対だったような気がするのだ。
いやはや、これはどうしたことなんでしょうかねぇ……?
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
FLOWERS