Entry Navigation  [月別アーカイブ]

暁の護衛 ~プリンシパルたちの休日~ まとめ

この記事は「暁の護衛 トリニティ コンプリートエディション」の「暁の護衛 ~プリンシパルの休日~」パートについての総評になります。

シナリオ

基本的には「楽しい日常シーンでヒロインの魅力をさらに増そう!」という、無印版の魅力を増強するようなファンディスク。
「ストーリー性」というような、私が無印版で評価していた要素は控えめかも。
とは言え、このゲームのメインと呼んでもいいだろう杏子ルートの海斗過去篇は、なかなかのもの。
私の琴線にあまり触れなかったのは、杏子があまりに素直な子すぎたからかな。

(こういうサスペンス的過去回想が必要なゲームがあることはわかる。グリザイアとかね。
 ただ、そのサスペンス要素が「ギャルゲーとしての評価」に繋がることって、あんまりない。
 たしかに読み応えはあるけど、それってギャルゲーに本当に必要かな?)

その他

それ以外のクオリティは無印版とほぼ同じなので、この記事では割愛します。

総評

主人公とヒロインの楽しい日常を描くことで、彼と彼女の魅力がさらに増していく。
私の評価は、★3・良作評価。
正統派ファンディスクと呼べる出来栄えになっていると思います。

三作目「罪深き終末論」をやるなら、全プレイ必須。
そうでなくとも、お気に入りヒロインのアフターはぜひどうぞ。
もうただひたすらに麗華さまが愛おしくてたまらないのです!
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
暁の護衛

暁の護衛 ~プリンシパルたちの休日~ 杏子ルート

【悲報】いつの間にか10月が終わりかけている件について

なので、9月発売枠はお休みかもしれません……ゴメンネ!
でも10月は豊作っぽいので、明日からがんばります!

---

暁の護衛FDのラストは、杏子ルートと名のついた海斗の過去篇。
禁止区域で、父親にどう育てられたか――というお話。

今まで杏子にはまっっったく興味なかったのだけれど、こういう顛末を知ってしまうと一気に関心が深まっていくから不思議!
あんなにおっぱいが大きくなる必要はぜんぜんなかったと思うけどね?
そもそも、ロクな食生活を送ってきてそうにないのに、あんなに発育がいいとか――あ、麗華さま……(察し

エンディングがあっさりしすぎていたのは、やっぱり無印クオリティ。
キャラ同士の絡みがこのゲームの大きな魅力なんだし、そこに杏子がどんな感じで混ざってくるのかなーってちょっと期待していたのに!

ところで、無印ツキルートから危惧していた「海斗ホモセックスフラグ」を、やっぱり回収しちゃったっていう。
まぁ……うん、スパルタ教育の一環としてのイベントと見たなら、ぜんぜんアリ? むしろ必要だったかも?
だから、海斗と杏子の初エッチシーンも必要だったと思うんですけど、そこんとこどうなんですかね?
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
暁の護衛