Entry Navigation  [月別アーカイブ]

STEINS;GATE 0 Cp.5~6(まゆりエンド)

弾性限界のリコグナイズ

4章「永劫回帰のパンドラ」にて、「紅莉栖の遺産」について真帆と一緒にダルのところへ聞きに行った際、紅莉栖からの着信を無視して真帆に真実を語ると進むチャプター。
このタイミングなら真帆も「洗脳」されていないので、タイムマシンのことを話してもセーフなのです!

チャプターの中身自体は、バッドエンドのときとほとんど変わらず。
ただし、真帆は教授の毒牙にかかっていないので、教授と一緒に日本に来ることはない。
代わりに、ダルとタイムマシンの共同研究を始めたことで、プライベートで日本に来ることになる。

それにしても、紅莉栖の遺産を巡るロシアとストラトフォーの銃撃戦に巻き込まれた後の、真帆のハプニングエッチのエッチさったら!
間にフェイリスを挟むことで、オカリンの好感度を下げないやり方はさすがとしか言いようがない。
ところで、「真帆の下着姿」って、あの子はブラジャーをしているんでしょうか??

無限遠点のアルタイル

半年後。真帆はダルと一緒にタイムリープマシンを研究するため、再び来日する。
二人は研究のことをオカリンに内緒にしようとしていたが、案の定バレてしまい、口論となる。
その結果、α世界線での「まゆりを救うために紅莉栖を見殺しにした」事実をまゆりが知ってしまったことによる「まゆりエンド」が、このチャプター。

自分の生が紅莉栖の死の上に成立していることを知ったまゆりは、タイムマシンに乗る決意をする。
向かうのは、紅莉栖が死ぬ日ではなく、オカリンがシュタインズゲートを諦めてしまった日。
そこでオカリンの支えになることが、自分の存在意義になる――まゆりはそう考えたのだ。

「だからね、もしオカリンが苦しいときは、まゆしぃが力になってあげたいって、ずっと思ってたんだよ?」


しかし、その決意の日こそが、第三次世界大戦の始まる日だった。
レスキネン教授は、アマデウス紅莉栖を解析したことで、タイムマシンの存在を知っていた。
そこでタイムマシンと鈴羽を確保しようとしたストラトフォーの特殊部隊が現れ、鈴羽とまゆりは時間跳躍に失敗する。
オカリンは、ダルと真帆の研究に協力し、タイムリープマシンを完成させ、その日に戻ってまゆりを無事に送り出すのだった。

ただ、時間跳躍はしたものの、リーディングシュタイナーが発動していなかったので、世界線は動いていないっぽい。
ということは、第三次世界大戦は避けられないはず。
けれど、まゆりは不在のままなので、かがりを養子にする未来は……?
……あぁそうか、それまでにタイムマシンを完成させて、まゆりを迎えに行けばいいんだね。
なるほど、それは結構感動の再会っぽいので、エピローグにあってもよかった気がします!
関連記事
category
ゲーム [★★★★★]
STEINS;GATE

STEINS;GATE 0 Cp.5(バッドエンド)

私秘鏡裏のスティグマ

話はいきなり飛んで、半年後。
レスキネン教授はストラトフォーの構成員でもあり、オカリンとアマデウス紅莉栖を接触させることで、失われた紅莉栖の研究成果、ひいてはタイムマシンに関する情報を得ようとしていた。
いい人っぽく見えたのが、実は悪役でした――な展開。
しかし、それが奏功しなかったため、次策としてレスキネン教授は真帆に「施術」する。
結果、オカリンが真帆に語ったα世界線の出来事がストラトフォー側に知られることとなり、オカリンは身柄を拘束されて記憶を抽出され、第三次世界大戦の火蓋が切って落とされる――
という、バッドエンド。

世界線は動いていなかったので、おそらくこのまま2010年にムービーメールを送る2025年を経由しつつ、鈴羽がタイムスリップしてくる2036年に向かうはず。
ただ、まゆりが行方不明なのが……?

さて、バッドエンドを回避するためには、少なくともあのタイミングで真帆に真実を語ってはいけないはず。
もしくは、レスキネン教授が新型脳炎の研究を通して過去改変に確信を持つようになる「フブキへのお見舞い」イベントが間違ってたのかな。
少なくともこのチャプターに入ってはいけないはずなので、えぇと……どうしましょうね……。
関連記事
category
ゲーム [★★★★★]
STEINS;GATE

STEINS;GATE 0 Cp.3~4

相対福音のプロトコル

「私、紅莉栖の死には、なにか裏があると疑っているわ。別に、陰謀論者ではないけれど」
「なにかもっと別の理由で紅莉栖は殺されて、それが闇に葬られてしまったんじゃないかと、そう考えているのよ」
「このままじゃ紅莉栖は浮かばれないわ。真実を知りたい……」


アマデウス紅莉栖と会話する他愛もなく楽しい日々は、自らの罪が希釈されるような恐ろしさを覚えるものだった。
オカリンはテスターを止め、日常に戻ろうとする。
しかし、真帆とレスキネン教授とオカリンの三人は、唐突な襲撃を受ける。
どうやら「魂は神から与えられたものであり、人が与えていいものではない」という狂信者によるもののようではあったが……。

12月24日、鈴羽と打ち解けるためのクリスマスパーティ。
プレゼント交換を経て真帆の手に渡ったのは、まゆりからのオルゴールだった。
その曲は、鈴羽の記憶のなかの母が好きな歌であり、由季が好きな曲でもあった。
そのタイトルを、鈴羽がまゆりに尋ねた瞬間――世界線は変動した。

永劫回帰のパンドラ

変動した世界線は、戦時下だった。
ドクター中鉢が紅莉栖の書いた論文をロシアに持ち込んだことで、ロシアはタイムマシンの実験を行っていたのだ。
その世界線は、ソ連が崩壊しなかったら――というものであり、およそ一ヶ月にわたって行われていた。
そして、その世界線を記憶していたのは――リーディングシュタイナーを持っているのは――新型脳炎という名で、フブキや他の人間にも備わっていたのだった。

「ねえ、いったい紅莉栖のまわりで、なにが起きていたの?」
「もしかして、今もまだ、それは続いているの?」


紅莉栖を助けない、過去を改変しないと決意した結果、オカリンの手を離れた場所で同じ罪が繰り返されようとしていた。
タイムマシンからは――一度犯した罪からは逃れられないのだ。
ダルに依頼された紅莉栖の遺品のPCとHDDは、真帆が持っているものだった。
そして、それを巡って「普通じゃない」ことが起きているのだった。

もしかしたら俺は、俺たちは、今まさに50億人以上が死ぬ戦争の、その最初の発火点の渦中にいるんじゃないのか?

関連記事
category
ゲーム [★★★★★]
STEINS;GATE

STEINS;GATE 0 Cp.1~2

2016年8月発売枠その2は、全ギャルゲーのうち私が最も評価している作品のうちの一つである「シュタインズ・ゲート」の続編、「シュタインズ・ゲート・ゼロ」をチョイス。
コンシューマからPCへの移植作品を新作ゲームと扱っていいのかどうかは考える余地があるような気もするけれど、とにかく8月発売枠なんです!
ちなみに、今月枠その1には「ハナヒメ*アブソリュート!」を遊んでいますよ。

まゆりが死ぬα世界線から、紅莉栖が死ぬβ世界線へと移行した後、2036年から来た鈴羽とタイムトラベルをしたものの、紅莉栖を助けられなかった世界線が、今作のもの。
つまり、無印版において「2025年からのムービーメール」を送ってくる世界線になる。



零化域のミッシングリンク

自分が紅莉栖を殺したという最悪の結果を受け、オカリンはそれを「過去を変えようとした罰」だと思い、それは心を引き裂くような傷となってしまう。
鈴羽のタイムマシンの「タイムリミット」が迫ってくるなか、再び過去を変える決意ができないまま、季節は冬になろうとしていた。

鳳凰院凶真を封印し、紅莉栖とのことを受け入れようとしていたオカリンの前に、二人の人間が現れる。
脳科学専攻であった紅莉栖の所属していた研究室の主任研究員・レスキネン教授と、その助手・比屋定真帆。
二人が行った講演は、紅莉栖の研究を引き継いだ成果について――すなわち、人間の記憶をデータ化し、コンピュータ上でAIとして活用する「アマデウス・システム」についてだった。
そしてオカリンは、コンピュータ上のAIである"紅莉栖"と再会することになるのだった。

「このような検証を続けていくことで、最終的に私たちは――」
「『Amadeus』に人間と同様の魂を宿すことが出来るのではないか、と考えています」
「これこそ、"本当の意味での人工知能"ということになります」


閉時曲線のエピグラフ

「アマデウス紅莉栖との会話テスターとなったオカリン」
「オカリンにどうしても過去を変えさせたい鈴羽」
「紅莉栖とのことがトラウマになってしまったオカリンを心配するまゆり」
「そんなまゆりを心配するフブキ」
などなどの、群像劇形式のチャプター。

ダルと由季の仲が進展しないことにヤキモキする鈴羽だとか、真帆とオカリンの仲を勘ぐるスイーツ(笑)紅莉栖、などといったほんわかエピソードもあるにはある。
けれど全般、最愛の人を殺した罪の意識と「アマデウス紅莉栖」の間で板挟みになるオカリンの、閉塞的な葛藤に胸が痛くなるチャプター。
アマデウス紅莉栖になにもかも打ち明けてしまいたいと思ってしまうけれど、それは自分の抱えているものを相手に押しつけるだけの「逃げ」なわけで、それをしないのがオカリンの強さなんだよね。
まゆりの死を回避しようとしていたときも、オカリンは誰かに助けを求めようとはしなかったし。
だからこそ、オカリンが苦しんでいることを察して手を差し伸べてくれた紅莉栖が天使だったわけで。
今回も、アマデウス紅莉栖がそうしてくれるんじゃないかなーって。
関連記事
category
ゲーム [★★★★★]
STEINS;GATE

ハナヒメ*アブソリュート! ポリーナルート

ハナヒメ、メインヒロインのラストは、電脳世界から出てきちゃったVRヒロイン・ポリーナを攻略。
フルネームは、ポリーナ・ミーロヴナ・フォン・シュヴァルツァハーゼというそうです。舌を噛みます。

世間知らずでピュアピュアハートなポリーナちゃんの声を当てているのは、清水愛。
小嶺幸(グリザイア)、和葉静夏(はるまで、くるる。)、玉樹桜(はつゆきさくら)、木ノ本乃来亜(恋愛0キロメートル)あたりでお世話になっている声優さん。
聞いただけでわかっちゃう特徴的な声優さんだけれど、今回は今までになくあまあまボイスな演技でした。
バトルでの「シュヴァルツブリッツ!」の発声が、小気味いいほどの歯切れ良さ。

もしかしたら、ポリーナがこのゲームでの正ヒロインなのかもしれない。
今までのエンディングでは「テーマソング」とクレジットされた曲が流れていたけれど、ポリーナエンドでは「エンディングソング」が流れたからね。
そんなポリーナルートは、「ロキの反乱の阻止」という使命を思い出したポリーナが、その身を呈して使命を全うしようとするお話。

シナリオそのものは、評価のしようもない平凡なもの。
AIなポリーナとの「人と機械の恋」みたいなところにスポットが当たるのかと思ったら、そうでもなかったし。
フレイヤが出てくるかなーとか、イヴ先輩がキーパーソンになるのかなーという予想も外れ。
お涙頂戴っぽい雰囲気でエンディングに突入したものの、エピローグではハッピーエンドだしね。
キャラ萌えシナリオとしては、まぁこんなものなんでしょうか。

今回もハナヒメ衣装でのHシーンはなし。
だけど、一枚絵のクオリティはやっぱり高い。
ポリーナかわいい。かわいいよポリーナ

---

これでほぼクリアなんですが、一応サブヒロインの誰かのHシーン枠が一つ残ってるので、それを回収したところで総評にしようかなって。
女王さまと仲良ししたいなーって思ってるんだけどね、やっぱりダメでしょうかね?
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
ハナヒメ*アブソリュート!

暁の護衛 ~プリンシパルたちの休日~ 麗華ルートアフター

暁の護衛FD、アフターその5は、稀代のカリスマヒロイン・二階堂麗華さまを攻略。
ルート本編の感想は、こちらをどうそ。

ストーリー自体は、無印プロローグと同じように麗華さまが誘拐され(ただし人違い)、海斗が助け出しに行くもの。
まぁプロローグと同じく、誘拐は当て馬でしかない。
メインは、誘拐犯に生着替え撮影会を迫られる麗華。
あの犯人Bとはとても仲良くできそうです。言いなりな女の子が蔑むような目線を向けてくるとかね、たまらないよね!

っていうか、鏡花と絡みはじめた時点で、もう麗華さまとは付き合ってたっぽい?
恋人っぽさがまったくなかったから、てっきり時系列が入れ替わってるのかと思ってたんだけど。
しかし、これが付き合いはじめた後の「正統派アフター」だったなら、逆にすごい。
恋人になってもデレデレしないところが、麗華さまが麗華さまたる所以だと思うんです!
でなきゃ、こんなこと言えるわけないもの。
それでは、誘拐犯から助け出してもらって本気で安堵したところで、実は海斗の手のひらで踊らされていたことを知ったときの麗華お嬢さま。

「聞こえなかったの? だっこしてって」

関連記事
category
[視聴中] ゲーム
暁の護衛

暁の護衛 ~プリンシパルたちの休日~ 鏡花ルート

暁の護衛、FDではサブヒロインだった黒堂鏡花が昇格。素直にうれしい!

金髪ツインテ縦ロールな、いわゆるお嬢さまなお嬢さまな鏡花さまのCVは、金田まひる。
かわいげがないところが逆にかわいい鏡花さまに、よく似合っていたと思います。
今にも「オーッホッホッホ!」とか笑いだしそう。

鏡花ルートは、無印で一緒に映画を見るフラグを立てたあと、鏡花さまが海斗に興味を持つようになった場合のお話。
趣味・読書が共通していたことで、なんとなーく仲良くなっていっちゃうラブコメストーリーでした。

杏子が関係してきそうで関係してこないとか、ヤキモチ焼いてそうな麗華さまのリアクションが見れないとか、完成度は無印クオリティなシナリオではあったけれど、一枚絵での鏡花さまはめっちゃかわいい。
というか、プリンシパルの休日の一枚絵のクオリティはみんなすごい。
麗華・鏡花共通ルートでの、お嬢さま方の手作り料理の一枚絵とかね。
丸ごと一尾のカツオに割り箸が突き刺さってるアレとか、「シュールなギャルゲー一枚絵ランキング」にノミネート間違いなし!

それにしても縦ロールってすばらしいよね。
引っ張ってびよんびよんさせたい。させたくない?
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
暁の護衛

暁の護衛 ~プリンシパルたちの休日~ ツキルートアフター

暁の護衛FD、アフターその4は、ツキを攻略。
無印における最高のシナリオだったツキルート本編の感想文は、こちらをご参照。

ツキアフターは、「イジメられているツキ」と「暗いところでは眠れないツキ」の伏線を回収する。
でも、メインはツンデレ海斗とクーデレツキちゃん、そしてツンツン麗華さまとの絡みを楽しむシナリオ。
イジメを抜本的に解決するわけでもなく、暗闇を恐れる原因――母親との過去をきちんと清算するわけでもなく。
まぁどっちも完全に解決するのは無理っぽいんだけどね。

そして、なぜかようやくこのあたりで彩お嬢さまのキャラがはっちゃけはじめる。
元からこのテンションで来てくれてたら、本編ルートももっと楽しめたのに!?
出番ほしいからって土下座しちゃう彩さま、ノリノリでした。
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
暁の護衛

暁の護衛 ~プリンシパルたちの休日~ 萌ルートアフター

暁の護衛FD、アフターその3は、神崎萌を攻略。
萌ルート本編の感想文は、こちらから。

萌アフターは、アフターストーリーらしく、薫ルートを重ねて回収すると共に、本編で未完だった「禁止区域に興味を持つ萌」フラグを、彼女の将来と絡めて回収する。
ただし、屋台はどっかいった

とは言え、不遇な人々の力になりたいという萌の願いを明らかにしただけで、実際に誰かを救ったりするお話ではない。
それは罪深き終末論でやったりするのかな?
でも、海外行っちゃったしなぁ……これは続かないかも

そして、実は萌とイチャイチャするよりも、ジジイとイチャイチャしている時間のほうが長いんじゃないか疑惑も。
それにしてもこのジジイ、ノリノリである。
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
暁の護衛

ハナヒメ*アブソリュート! 玲奈ルート

「聖花姫、玲奈・リル・レーフェン! 時空を越えてハイパーキャストオーーーフッ!!」


ハナヒメ、3ルート目には、フランス人のハーフな玲奈を攻略。
特撮ヒーロー好きな、中二病チックないろいろアヤシいヒロインです。
キャストオフの意味をわかって使っているのかも不明。

CVは、秋山ななほこと巽悠衣子。
玲奈のいわゆる「ガイジンイントネーション」は、好き嫌いありそう。
私は関西弁ヒロインなんかもあまり好みじゃない人なので、玲奈の喋り方もあまり好きじゃない。

---

玲奈ルートは、天才プログラマーとしての玲奈の設定を生かした、ロキの暴走によって引き起こされる事件や謎を調査していく、ミステリー仕立てのお話。
題材は今までメアや陽良子のルートで扱ってきたものと同じなので、もしかしたら玲奈を最初に攻略するのがよかったのかもしれない。

ストーリーの山場と、そこへ向かうまでの過程は悪くない。
玲奈の語る「ゲーム製作者の心得」みたいなのには、(真偽はわからないけど)説得力があった。
個別ルートの序盤が少しテンポが悪いのと、このゲームのウリなバトルパートが少なかったのが気になるくらい。
公式では玲奈のこと「チョロイン」って紹介してあったけど、チョロインってこういうことだっけ? ちょっとわかんなくなりました。

それより、今回もハナヒメ衣装でのHシーンはナシ。なんで?
あと、ここでエッチするだろエロゲー的に考えて……なシチュエーションでエッチしないことがある。
トイレでパイズリしてもらった後とかね。どうして??

玲奈が金髪に変身したときの正面の立ち絵で、全然金髪に見えなかった。私の環境が悪いのかな?
他にも、シーン同士のつなぎ方とか、Hのときの主人公の服装とか、そういうアラみたいなのが目立ったのが残念。
シナリオ自体はそんなに悪くなかっただけにね。

ってゆーか、玲奈の必殺技強すぎない?
ゲージ200%使うやつね。ある程度コンボ溜まってれば、2万ダメくらい平気で出るよね? ヤバすぎ
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
ハナヒメ*アブソリュート!